二子山

2013年11月3日(

両神山を見る

二子山  ふたごやま 1165.8m 埼玉県 会5名 梵の湯
最寄りIC  往き: 「花園」
歩行時間  3時間10分
コースタイム  北登山口→5→股峠→30→東岳→25→股峠→55→西岳→1:00→ローソク岩分岐→10→股峠→5→北登山口


北登山口  連休の中日、1日だけなんとか天気も良いらしいということで、遠出の予定が安近短の山になった。

 神経を使う岩の山はしばらくお休みしたいところだったが、埼玉県の奥、なかなか行き難いところで、せっかくのチャンスでもあるので、参加することにした。
股峠  北登山口の7〜8台の駐車スペースは最後の一台で、なんとか滑り込み、登山口の入場者数カウンターを押して歩き始める。

 5分ほど歩けば、南の坂本の登山口からの道と合流する股峠で、ここからは先に東岳に登る。
東岳途中から 西岳を見る
東岳頂上  急な登りは、時折息を整えながら、眼下の紅葉、振り返っては、色づいた木々の間から西岳を眺める。

 あまり広くない東岳の頂上には、男性が二人休んでいた

 このあたりには詳しい方々のようだ。

 すぐ目の前にはギザギザの荒々しい両神山が見える。(トップ画像

 東岳の頂上で小休止後、股峠に戻る。

 場所によっては、蕾のまま枯れてしまっているものもあるが、花開いた鮮やかな紫のリンドウがよく咲いている。

 草紅葉もちょうど良い色に染まり、これから向かう岩山の厳しさを際立たせているようだ。
リンドウ



紅葉と西岳



コース分岐  股峠に戻ると、ここからは西岳に向かう。

 標識に従って進んでいると、どうも一般コースを行っているようと、軌道修正し、本来のコースへ向かう。このまま一般コースでいいんだけど・・・。(^^;)

 ここには以前は鎖がつけられていたが、今は全部取り外されている。見上げると真っ直ぐに登っていくようだが、手掛かり足がかりはあり、つかみやすい岩で、3点をしっかり確保していくことで、恐怖心さえなければ大丈夫だ。
岩場の登り 振り返ると東岳


 汗びっしょりの若い男性と、涼しい顔の男女のペアとすれ違う。ここを下るのは・・・・嫌だ。(>_<)

 思ったより短い時間で西岳の東峰に着いた。岩尾根の向こうに、標識の立つ中央峰が見える。


西岳山頂が見える
西岳山頂が見える


 西岳の山頂には、二人の登山者と、どちらのコースを来られたか、さきほど東岳で一緒だった男性二人が休んでいた。

 この年配の二人の男性は、これから寄るところがあるからと、お昼も食べずに下山していった。

 寄る? 何か面白いところでもあるのかと思いきや、ここだけでは物足りないのか、城峰山にも登るのだそうだ。(^^;)

 あまりお腹も空いていないが、軽いお昼休憩を済ませ、西峰方面に向かう。
西岳山頂


中央峰から下山
中央峰から下山


眼下は紅葉
眼下は紅葉


振り返ると絶壁(^^;)
振り返ると絶壁(^^;)


 やはり岩場は登りより下りのほうが嫌な感じだ。手足があと10cm、いや5cmでもいいから長さが欲しい〜、というようなところも何ヶ所か出てくる。

 眼下には、紅葉の絨毯の中にクネクネの道と、ひときわ白い削られた山がある。振り返れば、見事な絶壁。あんなところを歩いてきたんだ〜。(^^;)

 鎖のついた最後の岩場を下ると、あとは、ホッとし過ぎて笑い出したくなるような普通の樹林の道だ。(^^ゞ
最後の鎖場


クライマーが練習中
クライマーが練習中



股峠に登り返す  ローソク岩分岐では、見に行くか行かないか、となったが、「待ってる」と言う人ばかり。(笑)

 結局、素通りし、先に進むと、目の前に岩壁が現れた。クライマーたちが練習中だった。

 この先は股峠まで登り返すが、あっという間についてしまう。こんなことならローソク岩を見てくればよかった。(笑)
北登山口  股峠では、これから登るグループもいた。

 登山口に出ると、道路にもびっしり車が並んでいた。かなりの人数が、この山に入っているようだ。

 短かったが、ぎゅ〜っと集中した時間だった。

 次からは、のんびり、ぼ〜っと歩ける山がいいかな〜。(^^)

大小山のページに戻ります。 本社ヶ丸のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。