水沢山

2013年12月16日(

上ノ山公園見晴展望台

水沢山  みずさわやま 1194.4m 群馬県 4名
最寄り駅  高崎線「高崎」
バス  「水沢」→「高崎」
歩行時間  2時間35分
コースタイム  ロープウェイ見晴駅→5→展望台→30→つつじが丘→10→水沢山登山口→35→水沢山→1:15→水沢観音


 忘年山行2日目は、朝8時からゆっくり朝食を済ませ、ロープウェイの駅に向かった。

 ほんの数分のロープウェイを降りると、見晴駅の前には立派なスケートリンクがあるのが見える。
ロープウェイ見晴駅

スケートリンク  スケートリンクの向こうには、二ツ岳の二つの峰が並んで見える。昨日も、また今日も、存在感あるその山容はずっと近くにあって、時間があれば登りたかったが、これはまたの機会になる。

 上ノ山公園の見晴展望台に向かうと、そこからもこの二ツ岳や相馬山、これから向かう水沢山がよく見える。
展望台から水沢山  北側には、小野子山や子持山がドーンと並んでいる。

 あればつい鳴らしたくなる鐘を鳴らしてから、水沢山目指して歩きはじめる。

 上ノ山公園を出ると、数十メートルの車道歩きの後、冬枯れの林の中の登山道に入る。

 すぐに再び出会う車道を横切り階段を上ると、つつじが丘休憩所がある。ここからの眺めもいい。周りには、名前通り、ツツジの木が多い。

 クマザサの間の道を車道と平行するように進むと、いくつかの分岐を過ぎ、水沢山登山口の案内が出てくる。
車道を横切る

つつじが丘休憩所 水沢山登山口へ


 水沢山の登山道に入り、登って行くと、間もなく、電波塔のような施設が見えてくる。そこから先は、岩がちの道となるが、周辺に雪はまったくなくなる。

 360度の展望のある水沢山の頂上は、思ったより狭い。南側に富士山が見えているというが、私の目にはどうしても見えないが、相馬山・二ツ岳方向や、小野子山・子持山はよく見えている。遠くの山々は霞んでいてはっきりしない。

水沢山頂上 相馬山・二ツ岳方面
落し物  気温もそれほど低くなく、風もないので、のんびりしていても寒くならない。

 人気の山のようで、平日にもかかわらず次から次へと登山者が登ってくる。私たちは水沢観音に向かって下山にかかる。

 山頂のすぐ下に、袋に入れられた落し物がぶら下がっていた。親切な人がいる。
石の祠  途中の見晴のいい小ピークには石の祠が二つ並ぶ。さらに下の石仏の並ぶピークからの見晴は素晴らしい。

 最後の見晴を楽しんで、ロープのついた急な岩がちの道を下って行くと、一休み岩という真っ平の岩が置かれたスペースがある。その先は、なだらかで歩きやすい道になる。

石仏が並ぶ


岩がちの下り

一休み岩
岩がちの下り
一休み岩

 緩い階段を下って行くと、登山口に出る。ここから水沢観音は数分のところにある。

 昨年の忘年山行は、腰痛でここでみなを見送ったが、雪が降ってきて、3人も引き返してきたことで、今年再度の挑戦となった。

 下山後は、水沢観音にお参りし、バスの時間を気にしつつ、水沢うどんのお昼をいただく。
登山口

水沢観音  バスで高崎駅まで行き、高崎線に乗車するが、乗った電車が大宮の手前辺りで、人身事故を起こし、1時間以上、じっと待たされることになった。(>_<)

 何はともあれ、忘年山行、2日ともいい天気で楽しむことができた。また、今年一年、いろんな山を歩くことができた。来年もたくさんの山に行こう。

相馬山のページに戻ります。 景信山〜城山のページへ行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。