狭山丘陵

2014年4月6日(



狭山丘陵  さやまきゅうりょう 東京都、埼玉県
 14名
最寄り駅  往き: 「箱根ヶ崎」
 帰り: 「西武球場前」
  
歩行時間  3時間5分
コースタイム  箱根ヶ崎→10→狭山神社→5→さやま花多来里の郷→35→六道山公園三角点→15→展望台→30→六地蔵→25→かたくりの湯→50→あずま屋→15→西武球場前

 今回は大人数でのお花見散策。ほとんど平らな道を箱根ヶ崎駅から西武球場前駅まで、カタクリの花と桜を愛でながら歩いて行く。

 まずは駅から数分の狭山神社の前を通り、カタクリの群生地に向かう。上がった雨がまだ乾ききらない群生地のカタクリは、みな下を向いたままだ。
狭山神社
さやま花多来里の郷  この群生地、「さやま花多来里の郷」は都内最大級のカタクリ群生地という。

 園の管理や案内をしている方々が、いろいろと説明をしてくれる。

 「あと1時間もすれば、花も開いてくるよ」と言われたが、白い花のツボミを確認して先に進む。


六道山公園入口  住宅地の庭先に咲く花を見ながら六道山公園に向かう。

 よく整備されところどころにベンチも置かれ、散策するのにはとても良い公園だ。葉の落ちた木々の間の道は歩きやすく、スミレの花の紫がそこかしこに見える。

 194.0mの一等三角点のあるベンチで小休止する。お伊勢山遊歩道との案内がある。
明るい散策路 三角点
桜のトンネルも  時折吹く風に、ハラハラと舞い落ちる桜のトンネルを潜り、町道2号線をまたぐ狭山懸橋を渡り、ちょうど桜祭りで賑わう六道山公園に向かう。

 公園では屋台も出て、大道芸や虚無僧のパフォーマンスがあったりと賑わっている。

 振る舞いの甘酒をいただく。おいし〜ぃ (^^)

 関東の富士見百景に入る展望台からの富士山は残念ながら見られなかったが桜の絨毯を上から眺められる。
展望台の前 展望台から

展望台から

エイザンスミレ  青空も見えていたが、このころから雨が落ちてきた。すぐ上がるだろうと、傘を差して歩く。

 道にはエイザンスミレがいくつか見られた。このスミレだけはなんとか同定できる。(^^ゞ

 六地蔵を過ぎると、「かたくりの湯」に向かう道に入る。
六地蔵 傘をさして
野山北公園  すぐに眼下に野山北公園が現れ、階段を降りて園内を散策する。

 若い桜の木々のほかに、この斜面にもカタクリが群生し、水芭蕉も咲いている。

 ぐるっと園内を一周し、ここからは、車道をひたすら歩き、多摩湖のあずま屋に向かう。
野山北公園 かたくりの湯

あずま屋  スミレが咲き、ツクシやワラビがニョキニョキと顔を出す車道の脇をせっせと歩き、多摩湖のほとりにあるあずま屋に着くと、ここでちょっと遅めのお昼休憩になる。

 リーダーお手製の野菜を茹でたり、飲める人はビールだ、ワインだと、宴会が始まる。雷がなり、風が吹き、寒くて座っていられなくなり、それでもみんな立って体を揺らしながら・・・。(^^;)

多摩湖畔

西武球場前駅  雨も上がり、宴会も終了。西武球場前駅まで歩き、解散となった。

 お花見山行はまだまだ続く予定・・・。こんな楽しいゆるゆる山行ばかりで、冬場に溜め込んだ脂肪は、まったく落ちる気配なし・・・。(>_<)

樋曽山のページに戻ります。 秘密の花園のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。