鳴神山

2014年5月10日(

カッコソウ

鳴神山
(桐生岳)
 なるかみやま 981.5m 栃木県 2名
歩行時間  3時間45分
コースタイム  駒形登山口→1:45→雷神岳神社広場→15→鳴神山(桐生岳)→5→仁田山岳→15→椚田峠→5→カッコソウ群生地→5→椚田峠→30→赤柴登山口→45→駒形登山口


 カッコソウが見頃になる、というので、少し疲れ気味ではあるが、見に行くことにした。

 記録を見ると、前回行ったのは2002年。ずいぶん前のことだった。その時は、もう終盤で数も少なかったので、盛りのときは、どんな感じなのか楽しみだ。

駒形登山口付近  今回は駒形登山口から登る。

 少し手前のバス停に簡易トイレがあった。

 数台しか置けない駐車場はもうすでに満杯で路上駐車が多い。案内の方(?)が、このあたりにと場所を指定してくれ、手作りの地図を渡してくれる。
ヤマツツジ  見頃の土曜日、しかも、TVで、カッコソウの満開を流したようで、今日はかなりの人が入っているようだ。

 ニリンソウがあちこちに咲き、ヤマブキソウが群生している沢を登って行く。新緑の中に、ヤマツツジの赤が鮮やかだ。

ニリンソウ ウラシマソウ
ヤマブキソウ ?
フイリフモトスミレ ヒトツバスミレ?

雷神岳神社  雷神岳(なるかみだけ)神社のある広場には、数十人の人が休んでいる。ここの狛犬はオオカミ、痩せた寒がりのニホンオオカミだそうだ。

 ここから東に2〜3分下ると、カッコソウの群生地がある。数はあまり多くはない。(トップ画像
分岐  鳴神山は双耳峰で桐生岳と仁田山岳のピークがある。神社から少し登ると、分岐があり、まずは桐生岳に登る。

 山頂手前の岩場には、ヒメイワカガミ。まだ、びっしりととまではいかないが、あそこにもここにもと咲いているのが見える。
桐生岳頂上  展望のいい、桐生岳の山頂には祠が並び、丸太のベンチがいくつか置かれている。すべてが埋まっている。

 ごく普通のインスタントラーメンのいい匂いがする。美味しそう〜!!

 日差しは暑いくらいなのに、風が強くて、じっとしていると、寒くなる。
ヒメイワカガミ
仁田山岳頂上  風の当たらないところを探して、分岐に戻り、数分先のもう一つのピーク、仁田山岳に行く。

 ここにも祠があり、風の当たらない絶好の場所はすでに先客がいた。

 ツツジの花の間を抜けて、展望のいい場所に腰掛け、お昼休憩を取る。

展望台から

椚田峠  お昼休憩後、ゾロゾロと続く登山者の後から、椚田峠(くぬぎだとうげ)に向かう。椚峠からやはり数分、東に下ったところに、2つ目のカッコソウ群生地がある。

 こちらのほうが広く数も多い。

カッコソウ群生地

 十分にカッコソウを堪能して、椚田峠に戻り、赤柴登山口を経由して駒形登山口へ下る。

 倒木で一部荒れた林道にもスミレをはじめ、いろいろな花が咲いている。写真を撮りながらたっぷりの時間をかけて登山口に戻った。





ヒトリシズカ ハコベ
ルイヨウボタン ヒイラギソウ
ヒロハコンロンソウ




2002年5月6日の鳴神山のページへ

2016年4月26日の鳴神山のページへ


荒船山のページに戻ります。 高原山(剣ヶ峰〜ミツモチ)のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。