高原山(大入道)

2014年5月30日(



大入道  おおにゅうどう 1402.4m 栃木県 3名
最寄り駅  東北本線 「片岡」
歩行時間  4時間25分
コースタイム  小間々→5→小間々の女王→1:05→大入道→1:30→剣ヶ峰→20→矢板市最高点→10→八海山神社→35→見晴コース入口(林道出合)→10→大間々→30→小間々


 アカヤシオを見ようと、大間々から剣ヶ峰〜ミツモチと歩いたのは5月11日だった。その時、この山の常連さんに聞いた、それは素晴らしいという、大入道のシロヤシオを見ようと、今回、自己中隊と名付けられた(なんで〜?)3名でコースを変えて歩くことになった。(^^;)

 今回は、大間々より下にある、小間々の駐車場から歩き始める。

小間々から大間々遊歩道を行く  小間々駐車場からヤマツツジが燃えるように咲いている登山道に入るとすぐに、「小間々の女王」の案内がある。

 ミツバツツジの女王は、予想通り、すでに花の時を終えていたが、位置とその姿を確認し、登山道に戻る。

 沢を2回渡り、新緑の美しい林を抜ける。
小間々の女王 沢を渡る
散ったシロヤシオ  このあたりの、シロヤシオも終盤になり、すでに花を落としているものが多い。

 自然林の林は黄緑の明かりに包まれているようで、気持ちがいい。モミジも多く、秋もまた綺麗だろうと想像できる。

 ただ、肝心のシロヤシオは、登るにつれ、チラホラと花が見えてはくるものの、花付きはあまりよくない。
大入道山頂  大入道に着くと、その周辺にもシロヤシオの木は見られるが、やはり花は少な目だ。

 少し期待し過ぎかと思いながら先に進むが、この辺りからミツバツツジの鮮やかなピンクが多くなってきた。ミツバツツジの花付はすこぶるいい感じだ。


 シロヤシオの木の花付きは、良いもの、いま一つのものといろいろ。こぼれるように咲いているものも、もちろんある。私としたらこれで十分だと思うのだが、自己中隊長によると、これはそこそこだ、という。(^^;)。
シロヤシオ
シロヤシオ
ミツバツツジ

 ミツバツツジとシロヤシオ、そして、その向こうには、明神岳から前黒山に続く尾根がこんもりと存在感を見せている。

 そんなポイントで、自己中隊長が、ここでお昼を食べたいと言う。まだ早い、と他2名が言うと、じゃあ、お茶にしよう・・・。

 一応、隊長なので、妥協して、しばしのお茶タイムをとる。とは言っても、確かに、なかなかいいポイントで、すんなり通り過ぎてはもったいないというのはよくわかる。(^^)

縄文ヤシオ  満足したところで、ここもいい、ここもお茶したいところ、などと言いつつ、先に進むと、縄文ヤシオと名付けられた、美しいシロヤシオの木があった。上の方に、チラホラと花が見える。木も、高齢になってくると、花も少なくなってくるねぇ・・・。(^^;)

 このコース、逆コースの登山者が多いようで、このあたりから、いくつかのグループとすれ違うようになる。

シロヤシオと、前黒山方面
ミツバツツジとシロヤシオのコラボ

八海山神社  剣ヶ峰に着くと、20日前には1m以上もあった雪もすっかり消えていた。

 矢板市最高点を過ぎ、八海山神社に着く。腰を下ろし、ここでお待ちかねのお昼休憩になる。

 目の前の景色が微妙に違うのは、枯れ木のようだった木々が一斉に芽吹き、緑が多くなっているからだ。 

八海山神社から釈迦ヶ岳

見晴コースを下る  お昼休憩を済ませると、前回と同じ、見晴コースを下る。何度でも歩きたい気持ちのいいコース、吹く風が心地よい。

 途中、前回下ったミツモチへの道を分けると、林の中をどんどんと下る。
見晴コース入口20  見晴コースの入口の鳥居をくぐると、ここから大間々までは数分の林道歩きだ。大間々の駐車場には、この日は大型バスも1台来ていた。

 ここのレンゲツツジは、少しだけ咲き始めているが、見ごろはまだまだ先のようだ。
大間々駐車場 レンゲツツジの原
レンゲツツジ  大間々からはこのレンゲツツジ、ヤマツツジの間の遊歩道を小間々まで戻る。緩い下りだ。

 途中の尾根ですれ違って周回してきた登山者たちと、ここでまたすれ違う。

 そしてここで3人、はたと思い出した。

 剣ヶ峰の手前でメガネを拾ったのだ。どこに置くのが一番いいのかと悩み、大間々の駐車場のトイレに置こうということになったのだが、3人ともすっかり忘れてしまった。結果、小間々に戻ってから、また大間々へと移動し、メガネを置いた。持ち主の手に戻るといいんだけど・・・。

 ついでなので、ここで再びお茶にする。自己中隊長、お茶好きだから・・・。(^^)

 花も良し、お腹も十分満足してクネクネ山道を駅へと戻る。そして、久しぶりに車に酔った・・・。(>_<)




5月11日の高原山(剣ヶ峰〜ミツモチ)のページへ



袈裟丸山のページに戻ります。 社山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。