社山

2014年6月1日(



社山  しゃざん 1826.6m 栃木県 会10名
最寄り駅  東武スカイツリーライン 「東武日光」
参考
歩行時間
 5時間10分
参考
コースタイム
 半月山第二P→50→半月峠→40→阿世潟峠→1:30→社山→50→阿世潟峠→15→阿世潟→25→狸窪→40→立木観音
歩行時間  4時間40分
コースタイム  半月山第二P→20→半月山展望台→20→半月峠→45→阿世潟峠→1:05→社山→50→阿世潟峠→15→阿世潟→30→狸窪→35→歌ケ浜駐車場


半月山展望台  「晴天の日限定、半月峠からの四季の景色を見よう!」という、リーダーの拘り(執念?)が実った、素晴らしい山日和になった。

 半月山第二駐車場から歩き始めて、20分ほどで、半月山展望台に着く。残ったアカヤシオがチラホラ。そういえば、昨年来た時もこんな感じの花だったが、違うのは、昨年は、ガスって景色は全く見えなかったこと。今年は凄い。絶景、絶景!(トップ画像
白根山 中倉山、皇海山方面
半月峠への下り  中倉山、皇海山方面もよく見えている。雪を被った白根山は一際美しい。

 シロヤシオの木が点在する急斜面をジグザグに降りて、半月峠に向かう。

 小ぶりの木に咲くシロヤシオは、花がまばらだ。ここも今年は裏になるんだろうか。

 半月峠の大きなシロヤシオの木にも、花はまばらだった。(>_<)

 半月峠に着くと、そこからは、小さく登り返す。このあたりから見られるシロヤシオの花は小ぶりでも花付きがいい。
半月峠への下り シロヤシオ
阿世潟峠  中禅寺湖が間近に見えるほどまで、ぐんぐん下ると、阿世潟峠に着く。

 ここからはピストン、各自、自分のペースで行けるところまで行き、タイムリミットでランチにして引き返そうということになる。疲れ気味なので、私はとりあえず、展望のいい1567のピークでお昼にしようと、ゆっくりと歩いて行く。

社山へ向かう尾根
社山へ向かう尾根
時々振り返って
男体山の左後ろに太郎山

 自分のペースで歩くというのは、やはり一番疲れない歩き方だと言える。目標の1567を過ぎても、足を止める気にならない。ここまでと思ったら、どこからでも引き返せばいい、という逃げ道があると、心にも余裕ができる。2回目でもあり、偽ピークにも翻弄されない(笑)。

 以前来た時は、登山道も笹が生い茂り、足元が見えなくて歩きにくかった。最近は、人も多く入っているようで、登山道も歩きやすくなっていた。

 予定よりも早く、山頂に着いた。2名は途中まででお昼休憩に入った。山頂手前で後続を待って、8名で一緒に登頂。三等三角点に、みんなで手を置き、記念撮影をした。

三等三角点 登頂記念のタッチ
黒檜山方面  社山頂上からの展望は、南側だけだ。黒檜方面に少し進むと、広く開けた場所がある。

そして、この日もかなりの人が入っていて、山頂付近でもいくつかのグループが休憩中だった。 はるかに続く黒檜山への尾根が呼んでいる。あ〜、キツそう。(^^;)

 シャクナゲの咲く向こうには、白根山の美しい姿が見える。

シャクナゲと白根山

 ここでお昼休憩、かと思いきや、そうはいかない(笑)。少し戻って、たくさんある絶景ビューポイントの一ヶ所に陣取り、ランチタイムになった。
ビューポイントでランチタイム

 お昼休憩のあとは、途中で休憩中の2名と合流。阿世潟から林道を歩き、湖畔でのお茶タイム。リーダーお茶好きだから・・・。(^^ゞ

 お抹茶を立ててくれる人あり、コーヒーを入れてくれる人ありで、至れりつくせり、もろもろ大満足のこの日の山行だった。




2008年8月3日の社山のページへ

2013年6月2日の半月山のページへ


2015年3月14日の社山のページへ


高原山(大入道)のページに戻ります。 八間山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。