筑波山

2015年1月10日(

奇岩の前の親子

男体山  なんたいさん 871m 茨城県 1名
女体山  にょたいさん 877m 茨城県
最寄り駅  つくばエクスプレス線: 「つくば」
バス  「つくばセンター」←→「筑波山神社入口」
参考
歩行時間
 4時間35分
参考
コースタイム
 筑波山神社入口→15→筑波山神社→1:15→男女川源流→30→御幸ヶ原→10→男体山→10→御幸ヶ原→20→女体山→40→弁慶茶屋跡→50(白雲橋コース)→抑場コース分岐→25→筑波山神社入口
歩行時間  3時間41分
コースタイム  筑波山神社入口→13→筑波山神社→57→男女川源流→27→御幸ヶ原→13→男体山→10→御幸ヶ原→17→女体山→29→弁慶茶屋跡→39→抑場コース分岐→16→筑波山神社入口


筑波山神社入口バス停前の赤鳥居  2015年の初山歩きは筑波山へ。

 つくばセンターからのシャトルバスは、街中を循環するバスのように座席が少ないため、立っている客も多い。天気のいい土曜日とあって、登山者も思ったより多そうだ。

 まずは、バス停前の赤鳥居。そして、筑波山神社と、登山口の、鳥居三連発。さあ、出発〜!
筑波山神社の鳥居 登山口の鳥居
ケーブルの線路が脇を通る中ノ茶屋跡  岩や丸太階段の続くこのコース、樹林帯の登山道はずっと展望がない。

 途中、ベンチなど休憩できるポイントもあるが、ケーブルカーの線路が側を通る中の茶屋跡と、さらにその先の男女川(みなのがわ)源流ぐらいが変化のある場所だ。

 源流とは言っても、水はほとんど流れていないが、汲んで飲んでいる人もいた。勧められたが、お断りした。(^^;)
男女川源流 男女川源流
御幸ヶ原から男体山  広い御幸ヶ原には、最盛期と比べれば、人の数は少ない。小鳥の写真を狙っているグループが三脚を持って集団で移動していた。

 少し休み、男体山に登る。岩の道の渋滞もない。

 薄らだが、富士山が見えていた。
岩の多い登山道 男体山

富士山が見える

ワンちゃんがモデル  「アルプスの少女ハイジ」に出てくるような真っ白なワンちゃん連れの方が休んでいる。おにぎりを半分ずつにして食べていた。毎週、登っているとのことだ。

 男体山の次は女体山。いつの間にか岩の上にしっかりした柵ができていて、狭くなった感じだ。ワイルド感もなくなったかも・・・。

 ここからも、男体山の左手に富士山が見えた。
女体山山頂 女体山からつつじヶ丘

女体山から富士山
女体山から男体山

巨岩怪石の一つ、出船入船  登山者が少ないとは言っても、女体山の岩の上は、次々と混んでくるので、下山にかかる。

 奇岩怪石の多いコースはやはり面白い。まだまだ登って来る人も多い。

 弁慶茶屋跡もかなりの人が休んでいた。空いたベンチに腰掛け、お昼休憩をとる。 
弁慶茶屋跡  ここからは、つつじヶ丘へのコースと別れ、白雲橋(しらくもばし)コースを行く。やはり展望のない樹林帯だ。

 なんとなく行ってみようと、Kさんと2人できた筑波山。計画も立てず、出足も遅く、登りはケーブル。テニスシューズで歩いて、ズルズルと滑り、トレッキングシューズの必要性を感じた。その時から山歩きの面白さにハマり、16年? 17年? よく続いたこと。
白蛇弁天  この道を30分ほど下ると「白蛇弁天」がある。 ここで白蛇を見ると財を成すと書かれている。ちょっと探してみた。この時期、いるわけないのに。(^^;)

 つつじヶ丘からの抑場(あげば)コースと合流すれば間もなく、登山口に出る。

 筑波山神社の境内では、例の「ガマの油売り」に見入る人たちの数もパラパラだ。
抑場コース分岐 ガマの油売り
 
 神社の境内を抜け、バス停に向かう。13時10分のバスを待つ。20分ほどだが、その間、風は強いものの、温度は高く、上着を着る必要のない暖かさだった。

 ラストの一枚は、子供の抱き方が珍しい狛犬。母獅子の後ろ足に両手をかけて抱かれている子供が、猫のよう。とても可愛い。
珍しい狛犬



1998年9月の筑波山のページへ

2000年8月の筑波山のページへ

2005年11月7日の筑波山のページへ

2006年9月11日の筑波山のページへ

2009年9月6日の筑波山のページへ

2012年10月21日の筑波山のページへ


屏風山〜鷹巣山〜浅間山のページに戻ります。 鉢岡山〜日連金剛山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。