宇都宮アルプス

2015年1月21日(

ターザンになった

榛名山  はるなさん 524m 栃木県 会4名 
男山  おとこやま 527m
本山  もとやま 561.6m
飯盛山  めしもりやま 501m
歩行時間  3時間19分
コースタイム  こどもの森駐車場→11→あずまや→15→展望台→22→榛名山→12→男山→29→本山→46→飯盛山→1:04→駐車場


 天気が崩れる、こだわりの真っ白な日光連山は見られないだろう。と、いったんボツになった企画が、景色はどうでも、とにかく歩きたい、という多数決により、やっぱり行きましょうとなって、宇都宮アルプスに出かけた。

 最近流行りの(?)ご当地アルプスだが、この宇都宮アルプスは、篠井連峰4座と富屋連峰3座を総称していう、冬の陽だまりハイクにはいい感じのコースだ。

あずまや下の展望  まずは「こどもの森」公園の駐車場から歩き始める。

 駐車場からすぐのところにもハイキングコースの案内があるが、今回はあずまやから展望台を通って榛名山に登るため、管理棟やレストランのある公園内の舗装された道路を緩く登って行く。

 途中には、石のオブジェがいくつも置かれている。
あずまやから榛名山へ 石のオブジェ
吊橋との分岐  あずまやを過ぎ、吊橋への道を分け、やっと山道らしい道に入って行くと、展望台に着く。木が大きくなっていて、その大きな木と木の間からこだわりの日光連山が薄らと見える。ちょっと残念。(>_<)

 気を取り直し、榛名山に向かう。
展望台 榛名山への登り
榛名山山頂  榛名山の山頂は細長くなっている。男山へは右手に下る。先端に石の祠があり、一部開けたところから、やはり薄らと日光連山が見える。

日光連山が見える

男山山頂  この榛名山から少し下り、登り返したところが、狭い男山の山頂だ。

 ここも一部開けたところから、まだなんとか、本日こだわりの日光連山が見えている。 

日光連山アップ

本山山頂  3つ目のピーク、本山には三角点がある。岩のゴロゴロした山頂には、雪が少し残っていた。

 ここからの展望は4座のうちで一番良い。少し風が当たるが、ここでお昼休憩になる。

 通って来た榛名山と男山も見える。
本山から榛名山・男山 本山からの下り
飯盛山山頂  本山からは少し下り、こどもの森方面との分岐をさらに進むと、飯盛山山頂に着く。ここにも祠があり、この先に進めば、富屋連峰の3座に繋がるが、今日はここで折り返す。

 先ほどの分岐まで戻り、公園内の道路に出ると駐車場に進む。

 キャンプ場でパンを焼く子供たちの楽しそうな様子が見える。
 吊橋やトンネルに寄らずに来たことに気が付き、駐車場に戻ると、お茶セット(?)を持って、またあずまやの緩い坂を登る。

 吊橋の手前には、アスレチックのロープがぶら下がっていた。

 ここで、オジサン、オバサンたちはターザンに変身した。(トップ画像
吊橋 勇気のどうくつ
あずまや  真っ暗な「勇気のどうくつ」でヘッドランプを手にぐるっと周回し、あずまやに戻ると、ゆったりとお茶タイムを楽しむ。

 究極の自由人たちが集まった気ままなゆるゆる山行だった・・・かな。(^^)

棒ノ折山〜惣岳山のページに戻ります。 吉野矢の音のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。