西吾妻山

2015年2月21日(

飯豊山と避難小屋

西大巓  にしだいてん 1982.1m 福島県 会3名
西吾妻山  にしあづまやま 2035m 福島県
歩行時間  5時間42分
コースタイム  第Cリフト終点→1:41→西大巓→1:03→西吾妻山→25→西吾妻避難小屋→1:23→第Bリフト終点→1:10→ゴンドラ山麓駅


第4リフト終点  裏磐梯グランデコスノーリゾートのゴンドラは8時から動き始める。そのゴンドラと、クワッドと呼ばれるリフトを乗り継ぎ、第4リフトの終点から歩き始める。

 今回は、4人でここまで来たが、歩くより1日スキーをしていたいという山友HAさんとはここでいったんお別れする。

 来る途中見た道路途中での気温は−6℃。風がなく暖かく感じる。
樹林の中のトレースを行く  スキーでゆったりと下る山友を見送り、スノーシューを履いた私たち3人は、樹林の間についたトレースを追いながら緩く登って行く。

 勾配はだんだんきつくなり、休み休み登る。振り返ると、雪を被った木々の向こうに磐梯山が見えてくる。磐梯山て、こんなにいい形だったっけというほど、カッコいい。

振り返ると磐梯山
振り返ると磐梯山

西大巓山頂
 雪は1mか2mか、よくわからないが、ハマってしまうとなかなか抜けそうにない。

 スノーシュー、ワカン、スキーで、またスノーボードを背負ってと、さまざまな人が登って行く。

 風邪を引きそうなぐらいお待たせしたので、やっと着いた西大巓からはすぐに西吾妻山に向かう。
西大巓山頂

西吾妻山に向かう
モンスターの間を西吾妻山に向かう
モンスターがいっぱい

西吾妻山山頂
 西吾妻山山頂も広い。ぐる〜っと歩いていると、方向がわからなくなってくる。あそこに飯豊、あちらが先ほどの西大巓と、確認できるが、ホワイトアウトしたら、コンパスやGPSがないと迷ってしまうだろう。

 山頂を堪能し、避難小屋目指して下る。トレースのないところは10〜30cmと沈む。
西吾妻山山頂

西吾妻山山頂から飯豊山
青空とモンスター
避難小屋目指して

西吾妻避難小屋  前方右手に飯豊連峰、左手が西大巓、その中間あたりに西吾妻避難小屋の屋根が見えている。

 真っ白な雪の上にある小さな動物の足跡は何だろう? 

 避難小屋は、1階部分は埋まっていて、入口の前が深く掘られているような感じだが、出入りは2階の入口からになる。中を覗いてみようかと思ったが、入口には鉄の梯子があって、中はよく見えない。スノーシューを外すのも面倒なので、パスする。

 この少し先に進んで、お昼休憩をとる。風もなく、寒さを感じない。

 大きなザックの男性があっちこっちウロウロ(笑)。気分次第で避難小屋泊なのだそうだ。

前方は西大巓
前方は飯豊連峰
西吾妻山と西大巓の鞍部に向かって下る
巻き道を行く
巻き道を行く

樹林の下り  下山は西大巓を巻いて行く。スノボーやスキーの跡を横切りながら、樹林の中に入ると、あとは下るのみだ。

 木の上の雪は融け、つららになってぶら下がっている。それをポキッと折って、口に入れる。好天で汗をかいて、喉も乾いていたので、美味しい。(^^)
第3リフト終点  やっとリフトの終点に出た。下りのリフトは乗れないので、ゴンドラ山頂駅まで歩く。

 雪かきをしていた人に聞くと、どこを歩いてもいいと言う。それでは、とコースの脇をザクザクと下る。スキーやスノボーがビュンビュン滑り降りていく。

 目の前は磐梯山、後ろは西大巓と西吾妻山。絶景のスキー場だ。
スキー場、前は磐梯山 スキー場、後ろは西大巓と西吾妻山

 しばらく下っていくが、なかなかゴンドラ山頂駅に着かない。ここで確認すると、先ほど樹林から出たところにあったリフトの終点は朝降りたC番ではなく、B番だった。すでに、ゴンドラ山頂駅より下の位置まで歩いて来ていた。

 もう登り返すのは嫌と、このまま麓まで歩くことにしたが、これがけっこう長かった。(>_<)
 やっと下りきって、裏磐梯グランデコスノーリゾートの建物の中に入ると、ちょうど、予定通りの時間となり、スキー三昧だったHAさんともすぐに合流できた。

 帰りのゴンドラの乗車券は無駄になってしまったけれど、素晴らしい景色を堪能したゴールデンな1日だった。\(^o^)/

鋸山のページに戻ります。 細窪山(臼入山)のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。