入笠山

2015年2月28日(

入笠山山頂

入笠山  にゅうがさやま 1955.0m 長野県 会8名
歩行時間  2時間08分
コースタイム  ゴンドラリフト山頂駅→18→入笠湿原山彦荘→14→マナスル山荘→35→入笠山→39→入笠湿原山彦荘→22→ゴンドラリフト山頂駅


 その時期にはスズランをはじめ、たくさんの花で人気の入笠山に、10年ぶりにやってきた。雪の時期に一度来てみたかった山だ。暖かくて、いい天気、頂上からの展望が楽しみだ。

 ゴンドラで一っ跳び。山頂駅に着くと、目の前には八ヶ岳が広がっていた。スキーヤーがゴロンと寝ころんで・・・。気持ちはよ〜く分かる。(^^)

ゴンドラ山頂駅の前

明るい樹林の中を行く。  身支度を整え、出発。樹林の中をしばらく行くと、広いスキー場のような斜面を湿原のほうに下る。前方には、山彦荘が見えている。

 入笠湿原の案内標識の埋まり具合から、この辺りの積雪は1mぐらいと思われる。
山彦荘  山彦荘の前で少し休憩して先に進む。再び歩き始めてすぐに、ここもまた広いスキー場のような斜面に出る。

 マナスル山荘を過ぎると、左手にこの広い斜面を見ながら登って行く。帰りにはこの斜面を通ることにして、まずは樹林の道を行く。
登山口へ マナスル山荘

振り返ると八ヶ岳

入笠山山頂  少しずつ高度を上げ、振り返って絶景を楽しみながら登っていくと、広い山頂に着く。風はなく暖かい。やはり登山者は多く、そして、なぜかワンちゃんも多い。

 大小、どのワンちゃんも洋服を着て寒さ対策をしていて、カメラのモデルに素直に応じている。(トップ画像

八ヶ岳
富士山

急な下山路  八ヶ岳や南アルプス、中央アルプスや薄らだが富士山も見える。

 名だたる山々に囲まれて、40分ほど、ゆっくりとお昼休憩をする。

 下山は銘々好きなように・・・。先ほどの斜面ではシートやヒップソリで滑り下りる。
そり遊び ゴンドラ山頂駅に戻る
ゴンドラ  短い時間だったが、素晴らしい展望と、パウダースノーの気持ちの良いスノーシュー山行が楽しめた。

 スノーシューはこのぐらいの行程が程よくていい。

 帰りのゴンドラは、なんと、オシボリ付きだった。



2005年6月26日の入笠山のページへ



細窪山(臼入山)のページに戻ります。 大幽洞窟のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。