古峰ヶ原〜井戸湿原

2015年5月2日(

井戸湿原

方塞山  ほうさいざん 1388m 栃木県 4名
横根山  よこねやま 1372.8m 栃木県
歩行時間  3時間35分
コースタイム  古峰ヶ原→40→三角点→5→三枚石→20→方塞山→55→横根山→15→井戸湿原→15→五段の滝→45→象の鼻(展望台)→20→前日光ハイランドロッジ


古峰ヶ原登山口  昨日の疲れが残り、気怠い。が、それでもどこか歩こうということで、とりあえず、のんびりゆったりのハイキングをすることになった。

 朝もゆっくり集合。まずは古峯神社の境内を散策し、それから登山口に向かう。この日も、1台を下山口の前日光ハイランドロッジの駐車場にデポし、古峰ヶ原の登山口から歩き始める。すでに11時30分を少し回っていた。
二の鳥居 1377.7の三角点
三枚石  ツツジの名所の古峰ヶ原だが、その主役はまだ固いツボミ。開花はまだまだ先のようで、他に見られる花と言えば、スミレとフデリンドウぐらいだ。

 道から少し外れたところにある、1377.7の三角点を確認。そのすぐ先の三枚石の広場で、日陰を探してお昼休憩をとる。

 古峯神社のバス停から急登の健脚コースを登ってきたという女性2人、シロヤシオとミツバツツジがいい感じで咲いていたと言う。




 方塞山のピークにはアンテナが立つ。2004年に来た時は、方塞山の山頂でお昼休憩をしたと記録にあるが、その時とはかなり様子が違った。山名標識も探したが見つからなかった。


 ここからは、右手に牧場を見ながら柔らかな歩きやすい道を行く。牛も羊も放牧はされていない。

 ヤマザクラがまだかろうじて咲いていた。
方塞山
牧場の横を歩く ヤマザクラが残っている
横根山山頂  横根山の山頂には三角点とあずまやがある。展望は得られない。

 そこからさらに20分ほど行くと、井戸湿原に出る。野外卓がいくつかあって、湿原を見ながら休憩するのにちょうどいい。

 周回していくと、何もないと思っていた湿原では満開のアカヤシオが迎えてくれた。
アカヤシオ アカヤシオ

アカヤシオ満開

湿原  木道を歩いていても、小さな花がついた水芭蕉の株が2つ、3つ、かなり乾燥している湿原には、他にめぼしい花は見られない。

 このままハイランドロッジに向かうこともできるが、少し戻って、分岐から回り道をして象ノ鼻(展望台)に向かう。
象ノ鼻  展望台からの緑の丘が広がる景色は気持ちがいい。まるでイギリスの田舎のようだと、誰かが言った。行ったことはないそうだけど。(^^;)

 餌を食べていたのか、鹿が4頭か5頭、その丘の上を走って散って行った。
展望台から
展望台から
 この日の行程はこれで終了。車をデポした前日光ハイランドロッジに戻ると、満車だった駐車場もすでにガランとしていた。

 1日、2日と、アカヤシオ三昧、たっぷり楽しむことのできたGWの2日間だった。


フデリンドウ


ヒメイチゲ
フデリンドウ ヒメイチゲ

薬師岳〜三ノ宿山のページに戻ります。 難台山〜吾国山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。