大洞山〜大沢山

2015年5月23日(

新緑とヤマツツジ

大洞山  おおぼらやま 1402.6m 山梨県 3名
大沢山  おおさわやま 1445m 山梨県
最寄り駅  中央本線
 往き: 甲斐大和  帰り: 笹子
タクシー  行き: 甲斐大和→笹子トンネル
歩行時間  6時間
コースタイム  笹子峠→45→中尾根ノ頭→50→カヤノキビラノ頭→10→大洞山→15→摺針峠→50→ボッコノ頭→50→大沢山→45→鉄塔(940)→25→鉄塔(750)→30(道間違え)→鉄塔(750)→10→奥野稲村神社→30→笹子


笹子トンネル  甲斐大和駅前には、大菩薩に向かう大勢の登山者の列ができていた。

 私たちと同時にもう1つのパーティーが、タクシーで笹子トンネルに向かい、笹子雁ヶ腹摺山方面に登っていった。今日は静かな山歩きになりそうだ。


 トンネル手前の踏み跡には特に案内はないが数分で、分岐に出ると、しっかりした標識がある。
笹子峠 ヤマツツジ咲く道
中尾根ノ頭  まずは急な登り。足元にはマイヅルソウの小さな葉っぱがいっぱい。そして可愛い白い花も咲いている。

 鮮やかな新緑の中にヤマツツジのオレンジが濃い。

 間もなく、南側が少しだけ展望のある中尾根ノ頭に着く。標識が外れていたが、どうやら切れ込みの位置だかサイズだかが合わないようだ。(^^;)

富士山が見える

カヤノキビラノ頭  ほとんど展望のないコースだが、途中、樹間から富士山の頭が見えた。まだけっこう雪がある。

 カヤノキビラノ頭に着くと、立派なコース案内板が立っていた。広いがやはり周囲は樹木に囲まれ展望のないピークだ。東は達沢山方面、いつかそちらも行ってみたい。
緑の林 眩し〜い♪
大洞山  ブナの大樹やカエデ類、ミツバツツジも多いこのコース、もう少し早い時期、このミツバツツジのピンクのトンネルのころはどんなことになっているのだろうと、想像するだけでワクワクする。

 植林は見られず、自然林ばかりだから、秋の紅葉時期もきっと素晴らしいに違いない。
摺針峠  大洞山(摺針山)から少し下ると、摺針峠に着く。

 ここでベンチに腰掛け、お昼休憩にする。小さな虫が煩わしい。

 次の大洞山も、この先のボッコノ頭も、このコースはみな周囲を木々に囲まれた似たようなピークだ。

 時折、岩やヤセ尾根もあるが、総じて柔らかい歩きやすい道になっている。
ボッコノ頭  途中、この日唯一の登山者とすれ違う。清八山から甲斐大和駅まで歩くという。


 ボッコノ頭から大沢山へ向かうこの二つのピークの中間地点あたりから、イワカガミの群生地が続くが、花がない。(>_<)

 今年は花が早い。ここも終わってしまったかと諦めかけたころ、咲き残った花があそこに・・・。あ、ここにも。(^^)
大沢山 女坂峠との分岐
940の鉄塔  大沢山のすぐ先で、女坂峠との道を分けて、笹子駅方面に下る。

 940付近にある大きな鉄塔を過ぎると、さらに750付近にも鉄塔がある。

 ここで左手についたジグザグの下りに何気なく入り、しばらく下ったあと道を間違えたことに気づく。
750の鉄塔  このまま斜面についた巻き道を行っても行けそうだが、ここはやはり正規のルートに戻ることにする。

 ここまでずっとわかりやすい道だったが、それでも地図、コンパスで確認しながら歩いて来たのに、ここにきて、まったく何も考えずに目の前の道に入ってしまった。(>_<)
 難台山もそうだったが、最後の最後で油断して失敗。またまた、やっちまった〜(^^;)

 鉄塔に戻ると、真っ直ぐ先にいい道が続いている。数分で登山口の奥野稲村神社に着いた。ここの狛犬の、子供の抱き方がいい。

 車道を笹子駅に向かう。予定していた電車に乗ることができた。



マイヅルソウ クサタチバナ
チゴユリ キノコ?
イワカガミ ギンラン

鶏頂山のページに戻ります。 茶臼岳〜朝日岳〜三本槍岳のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。