茶臼岳〜朝日岳〜三本槍岳

2015年5月26日(

茶臼岳山頂から


茶臼岳  ちゃうすだけ 1915m 栃木県 5名 源泉「那須山」
朝日岳  あさひだけ 1896m
三本槍岳  さんぼんやりだけ 1916.9m
歩行時間  6時間30分
コースタイム  峠の茶屋P→45→峰の茶屋→40→茶臼岳→30→峰の茶屋→45→朝日岳→25→熊見曽根→35→北温泉分岐→25→三本槍岳→25→北温泉分岐→20→赤面山分岐→40→スキー場分岐→1:00→駒止の滝P


登山口  「高原のお嬢さんになりた〜い!」

 身の程知らずなご要望に、私も私もと手が上がり、高原のお嬢さんワン、ツー、スリーに、なぜか、でっかいお兄さん(笑)2人も参加して、那須岳に行くことになった。

 1台を北温泉の駐車場にデポし、峠の茶屋から歩き始める。
峰の茶屋を目指して  登山口に入ってすぐに、ムラサキヤシオツツジが咲いている。房のように、たくさんぶら下がっている赤い小さなツボミは、ベニサラサドウダンのようだ。

 すぐに周囲は遮るもののないザレた登山道になり、峰の茶屋が稜線上に見えてくる。 

茶臼岳もくっきり
茶臼岳登山道から、朝日岳・三本槍方面

茶臼岳山頂  峰の茶屋から茶臼岳を往復。もうだいぶ前に一度来たときは、ガスって周りは見えなかったが、今回はよく見える。

 高いところ大好きな高原のお嬢さん一人、大岩に登って\(^o^)/をしている。そして、それをプロのカメラマンと豪語するでっかいお兄さんが写真に撮る。
峰の茶屋  茶臼岳から下り、峰の茶屋まで戻ったら、朝日岳に向かう。途中、剣ヶ峰のトラバースのところに残雪があったが、踏み跡を辿って問題なく通過する。

 鎖場の鎖は真新しく、この時も数名の人達が作業をしていた。ご苦労様です。m(__)m
朝日岳へ向かう 朝日岳に向かう

朝日岳から茶臼岳
朝日岳から三本槍岳方面

朝日岳の肩から三本槍岳方面へ  朝日岳往復後は次の目的地、三本槍岳に向かう。

 とにかく天気のいい日で、秋のように空気が澄んでいて、どこから見ても絶景、絶景!

 熊見曽根付近からは、シャクナゲの花も色を添える。
熊見曽根 熊見曽根から茶臼岳

流石山方面
清水平

ムラサキヤシオツツジ  清水平のシャクナゲも良く咲いている。ミネザクラはかろうじて名残の花をつけている状態だったが、三本槍岳手前の数本は満開状態だ。

 三本槍岳山頂でお昼休憩。

 丸くなって食べようの言い出しっぺのお兄さん、やっぱり綺麗な景色を見ながらのほうがいいと、高原のお嬢さんたちに背を向けた。"(-""-)"
ミネザクラ 三本槍岳山頂

三本槍岳山頂から

北温泉との分岐  たっぷり休憩をとって下山にかかる。北温泉分岐に戻り、中ノ大倉尾根を下る。

 赤面山への分岐を分け、緩やかな尾根を下るが、この道の針金の補修がなんとなく靴に引っ掛かって躓きそうな感じがして歩きにくい。慎重に下る。
赤面山分岐 中ノ大倉尾根登山道
シロヤシオ  マウントジーンズスキー場に近づくと、周囲にシロヤシオが見えてきた。

 時期的にはちょうど満開を迎えているが、なんとなく変な感じ。分岐を過ぎて、ここまでゴンドラで来る観光客もどこに咲いているのですかと聞いてくる。咲いているには咲いているが、数が少ない、花付きもイマイチなのだ。

 どうやら、ここも今年は裏年のようだ。(>_<)
スキー場分岐 マウントジーンズゴンドラ駅
ヤマツツジ  ゴンドラ駅でトイレをお借りして北温泉に下る。

 ここからは、ヤマツツジが多い。足元にはシロヤシオの花びらも落ちている。

 林道を横切り、さらにぐんぐんと下って行き、橋を渡る。その先が、北温泉だ。
北温泉に着く 駒止の滝
 北温泉から10分ほどで、朝、車をデポした駐車場に着く。

 ここには、駒止の滝の観瀑台があって、緑の山の間から一筋の滝が流れ落ちているのが見える。

 終日、好天に恵まれ、満足の山行だった。


イワカガミ フデリンドウ



大洞山〜大沢山のページに戻ります。 尾瀬ヶ原のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。