大高山〜天覚山〜多峯主山

2015年6月28日(

ムラサキニガナ

大高  おおたかさん 493m 埼玉県 単独
天覚山  てんがくさん 445.5m
多峯主山  とうのすやま 270.8m
最寄り駅  往き: 西武秩父線「吾野」
 帰り: 西武池袋線「飯能」
参考
歩行時間
 6時間50分
歩行時間  6時間15分
コースタイム  吾野→40→前坂→35→大高山→1:05→天覚山→20→東峠→1:05→久須美坂→40→登山口→45→多峯主山→1:05→飯能


 朝起きたら、晴れ!

 あれ〜、雨マーク付いてたんじゃなかったっけ?

 とりあえず、パーッと支度して、飛び出した。どこへ行こう・・・

 どこへ行くとしても登山口まで2時間はかかる。駅から駅に歩けて、人の少ないところでと電車の中で考える。昨年歩いた、吾野駅から飯能駅までのコースにした。
吾野の湧き水  吾野駅で下りた大勢の登山者の最後に歩きだす。吾野の湧き水を一口味見し、山道へ。

 10数人の団体さんが道を譲ってくれ、先に進む。後の方の女性に、「どちらへ行かれるのですか」と聞くと、「なんとかという山に寄って、どこかの駅に下りるって言ってた」と。(^^;)

 前坂を過ぎ、ちょっとした岩場や根っこの道を過ぎると間もなく大高山山頂。緑が茂り、展望は南西方面が一部だけだ。
大高山手前の登山道 大高山
トレラン大会の案内  あまり人の来ない静かな山と思っていたら、トレランの人達によくすれ違う。7月12日にこのコースで大会があるため、その下見のようで、この日10数人のランナーと会った。それと、鹿駆除のハンターが2人。遠くで犬がウォーンと吠えている。

 前回同様、天覚山の山頂でお昼休憩にする。ベンチがあって、多峯主山や天覧山を除けば、このコースではここが一番の展望があって気持ちがいい場所だ。
天覚山山頂 天覚山からの展望
 東峠手前の鉄塔の場所も展望はいいが、この時期、ススキが伸び放題、草ぼうぼうで座って休める場所がない。

 途中、どうやって生えたの? というような、こんなヘンテコリンな木もあった・・・。
面白い木
鉄塔からの展望
かまど山方面との分岐  この縦走路、花もなく、展望もあまりない単調なコースだが、アップダウンは結構堪える。トレーニングにはいいかもしれない。

 ちょっと気になる「かまど山」への分岐を過ぎ、前回あったのか記憶にない祠を過ぎると、間もなく277.5のピークとその先のベンチのあるビューポイントに着く。だが、ここからも、緑が茂って冬場ほどの展望は望めない。
祠 277.5の先のベンチ
登山口  前回は、ここから近所の少年が案内してくれ、見晴のいい公園から住宅地に下りて多峯主山登山口まで行ったが、今回は地図通り、そのまま山道を行く。山道とは言っても、公園の横を下り、民家の裏を通る。

 いったん車道に出て数分先の多峯主山登山口から、再び山道に入る。
多峯主山  多峯主山は300mにも満たない低山ながら、展望もよく、とても気持ちのいい山頂だ。

 野外卓に腰掛けてお茶タイムにする。そこにいたシニアの男性2人と少しお話をする。

 吾野から飯能までの歩きと言うと、「若いというのはいいねぇ〜」と言われた。ウフフッ(^^ゞ

多峯主山からの展望

整備された登山道  風の心地良い山頂で30分以上ものんびりして、飯能駅に下る。明るい登山道をこれからまだ登ってくる人たちもいる。6匹のワンちゃん連れの女性もいた。

 途中にある湿原には「飯能笹」があると案内板に書かれている。

 天覧山の山頂は今回はパスすることにしよう。
湿原 天覧山登山口

 
 登山口に出て、能仁寺から駅に向かう道を行く。何度か歩いた道だ。・・・が、かなり歩いているのに駅に着かない。

 今日は、十分歩いたはずなのに、まだ歩き足りなかったのか、飯能の街をグルグル歩き回っていた。結果として、大休憩除いた歩行時間、昨年とまったく同じの6時間14分。思わず、再計算してした。

 しかし、なんで、下山してから街中で迷っちゃうんだろう・・・。(>_<)

 そのうち、徘徊するかもしれない。(・・;)


ホタルブクロ チダケサシ


東吾妻山のページに戻ります。 流石山のページへ行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。