笠山〜堂平山〜大霧山

2015年9月14日(

堂平山山頂

笠山  かさやま 837m 埼玉県 単独
堂平山  どうだいらさん 875.8m
大霧山  おおぎりやま 766.6m
最寄り駅  東武東上線: 「小川町」
バス  イーグルバス
 往き: 「小川町」→「皆谷」
 帰り: 「橋場」→「小川町」
歩行時間  7時間25分
コースタイム  皆谷→40→萩平分岐→1:35→笠山神社→1:00→堂平山→35→白石峠→1:10→定峰峠→45→旧定峰峠→40→大霧山→20→粥新田峠→40→橋場


皆谷バス停付近  どんな山でも楽しんで歩く、その日が本番というのが私流。

 ただ最近は、少しでも荷物を軽くして、省エネで歩くことが多くなってきたので、今回はトレーニングという気持ちもあって、いつもの重さに、ペットボトル3.5kg分を加えて歩くことにした。
萩平への道  そんなわけで、荷物が重いと歩みはいつも以上に遅くなる。ゆっくり、ゆっくりと、皆谷のバス停から、春には桃や桜の花の咲く美しい里を抜け、萩平に着く。

 曼珠沙華がちょうどいい感じで咲いていた。
萩平のあずまや  あずまやで小休止した後、七峰のコースと合流し、山道、林道と繰り返しながら笠山の山頂に着く。

 標識のある笠山山頂のさらに奥に進むと神社がある。
笠山山頂 笠山神社
パラグライダー基地  笠山から下る途中で、今日、初めて登山者とすれ違う。

 広々としたパラグライダーの基地の横を通って、天文台のある堂平山山頂に着く。

 ここでお昼休憩。少し青空も見えて気持ちがいい。
堂平山山頂  白石峠からの道で迷ったという登山者に笠山までの道を説明していると、車でここまで来たというお2人が、さらに加わり、笠山に向かって行った。

 白石峠からは白石車庫に下ることができるが、今日はここから急な丸太の階段を登り、先に進む。
白石峠 急な木段
立派な手摺  土が流れ、掘られた階段は登りにくく、おまけに良く滑る。

 下りには、ビックリするほど立派な手摺が付いている。

 途中からは、笠山〜堂平山の展望が広がる。

 定峰峠の茶店までは、前回もそうだったが、マップタイムより長く感じる。
前方に笠山〜堂平山 定峰峠
旧定峰峠  定峰峠からも白石車庫に下る道がある。このコースはエスケープルートも多く、いろんな歩き方ができる。

 ダイダラボッチの謂れの書かれた標識のある旧定峰峠から、さらに進み、牧場の横を通っていくと、大霧山山頂に着く。お昼をだいぶ過ぎた時間ということもあり、ここも誰もいない。
大霧山山頂 粥新田峠
 あずまやのある粥新田峠から林道、登山道を抜け、橋場のバス停に着く。

 重いザックにも終盤は慣れてくるもので、ほとんどいつもと同じ感覚になってくるが、やはりその重さと、20kmほどの長距離の歩きは翌朝の肩や腰にきた。(>_<)
橋場バス停


ギボウシ ハギ
アザミ ホタルブクロ




官ノ倉山のページに戻ります。 天狗岳のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。