天狗岳(八ヶ岳)

2015年9月21日(

白駒池テント場

ニュウ  ニュウ 2351.9m 長野県 3名
西天狗岳  にしてんぐだけ 2645.8m 長野県
歩行時間  8時間40分
コースタイム  白駒池テント場→1:40→ニュウ→1:15→中山峠→5→黒百合ヒュッテ→1:30→東天狗岳→23→西天狗岳→22→東天狗岳→1:00→中山峠→35→中山展望台→1:00→高見石小屋→50→白駒池テント場


白駒池  本格復帰第一弾は、テン泊でのんびりと・・・とありがたいお誘いだった。

 登山口から10分ほどの白駒池の畔、テン場はゴールデンウィークを凌ぐ混雑ぶりということで、どうにかテントを張る場所をゲットし、暗くなる前にと、夕食の寄せ鍋を囲む。

 夕食を済ませれば、早めの就寝。翌朝は、朝食後、コケ生す「もののけの森」を抜け、ニュウに向かう。

白駒池からニュウへ向かう 苔の森
ニュウで万歳  雲は多いものの、いい天気で、その雲の間から富士山も頭だけだが見えている。

 ニュウの山頂では、大岩の上に、やはりあれば乗らないといられない人が1人、2人・・・。

 このあと、われもわれもと、この岩に登る人が出てくる。(^^;)

富士山も薄ら
白駒池が見える


 ニュウから中山峠に向かう。天狗岳、けっこう遠い。(^^;)

 中山峠からは黒百合ヒュッテに向かい、ここで小休止する。トイレの使用料は200円と、いつからか値上がりしていた。

 すり鉢池〜天狗の奥庭を経て東天狗岳まで登る。少しずつ紅葉し始めているのが見える。

天狗は遠い 黒百合ヒュッテ

天狗の奥庭
天狗に向かって
紅葉しかけている


東天狗岳山頂  東天狗岳から西天狗岳に向かい、ここでお昼休憩とし、その後、再び東天狗岳に登り返す。どこを見ても絶景で、なかなか足が進まない。

 この鞍部で写真を撮っていると、神のお告げのような声が聞こえた。
 「これであなたも山の虜になる!!」

 声の主は20代ぐらいの青年だった。(^^;)

西天狗から東天狗を見る
硫黄岳方面
西天狗を振り返る

岩の上で\(^o^)/

 途中の岩場もやはり、素通りできない2人。しっかり登って\(^o^)/ポーズ。

 予定の時間もはるかにオーバーしつつ、中山の展望台に向かうが、だんだんガスが上がってきて展望はなかった。
中山展望台
高見石小屋  あとはゴロゴロ石の歩きにくい道を下るが、高見石小屋までの遠いこと。道を間違えたのではと思うほどなかなか着かない。この道は以前は登りに使ったが、やはり下りのほうがはるかに長く感じる。

 それでも高見石小屋の前に突然飛び出すと、あとは白駒池まで一目散だ。

 それにしても、復帰第一弾なのでのんびりと、のはずだったのでは? かなりの歩行時間になったねぇ・・・。(・・;)

 白駒池に下りて、湖畔で写真を撮っていると、シャッターを押しますよと、またもやあの神の声が・・・。先ほど、天狗岳で会った青年だった。

 昨日、観音平から入り、赤岳山頂小屋に泊まり、今日はこれから高見石小屋に戻って、明日、蓼科山まで歩くと言う。

 私たちはテントに戻り、レトルトカレーの夕食を済ませると、明日に備えて早めに就寝した。この日のテン場は、昨日よりもさらに混んでいて、テントもさらに増え、夜は赤ちゃん(幼児?)の泣き声が聞こえていた。天狗岳でも8カ月の赤ちゃんを連れたご夫婦がいたが、今から高地トレーニング(?)していたら、将来、相当強い心肺になるかも・・・。(^^)

笠山〜堂平山〜大霧山のページに戻ります。 蓼科山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。