高田山

2015年10月18日(



石尊  せきそんざん 1049m 群馬県 4名 富士見温泉
高田山  たかだやま 1212.0m 群馬県
最寄りIC  「渋川伊香保」
歩行時間  3時間55分
コースタイム  駒岩バス停→40→鳥居→25→獅子井戸→35→石尊山→40→高田山→35→石尊山→20→獅子井戸→15→鳥居→25→駒岩バス停



 まだ1〜2週間は早いよ〜、と言うことで、ほかの山になるはずだったが、やっぱりこちらに、ということになり、2年ぶりの高田山に行くことになった。

 登山者は、私たちの他にバイクの男性1名。駒岩の集会所の駐車場から歩き始める。登山口案内の石のネコも健在だった。
集会所前 看板猫
標識があった  山道に入るが、鳥居までは、重機が入ったのだろう広い作業道が縦横無尽に広がる。その作業道をうっかり直進し、戻ると、立派な標識があった。

 ここからもさらに広い道が続き、その作業道の途中からピンクリボンと踏み跡のある登山道へ入ってしばらく行くと、記憶にある鳥居に出た。
 
 この辺りから、自然林になるが、予想通り、緑〜
登山道がわかりにくい 鳥居
獅子井戸の水場  獅子井戸の水場には、前回同様、濡れているといった程度で、水はなかった。

 そして、周囲の紅葉は、やはりまだまだだった。1〜2週間後がベストな感じだ。

 尾根に出る手前で、K隊長がキノコを発見した。クリタケだそうだ。
獅子井戸付近 クリタケ

1000m付近
1000m付近

石尊山山頂  1000mを超えるあたりから、真っ赤な色が目立つようになった。

 石尊山山頂を過ぎ、高田山へ向かう尾根筋の紅葉は素晴らしい。これが、少しずつ下ってきて、800〜900付近が真っ赤に染まるのを想像すると、・・・ちと悔しい。(^^;)

石尊山から
尾根筋の紅葉

りんどう  足元にはリンドウの花が咲いている。

 急なアップダウンをこなし、一等三角点の高田山の山頂に着く。

 ススキが伸び、ほとんど展望のない山頂で、お昼休憩を済ませ、来た道を戻るが、先ほど、獅子井戸の手前辺りまで後ろを歩いていた男性はやってこない。
岩尾根のアップダウン 高田山山頂
岩尾根のアップダウン  急な岩尾根は気を抜けないが、今回一番の見ごろでもあり、ゆっくりと周囲の景色を楽しみながら下る。

 ソロの男性は、途中で引き返したんだろう。

 「集会所に戻って、もし、バイクが残っていたらどうする?」とKNさん。こんなところで一人で滑落したら・・・。
尾根筋の紅葉
尾根筋の紅葉
梅干し  下りは、スムーズに道も迷わず、登山口まで出ることができた。

 近くの農家のお婆さんが、たくさんの梅干しを干していた。親戚にわけてあげるのだそうだ。

 私たちも、いただいて口に放り込む。酸っぱくて美味しい梅干しだった。ご馳走様でした。(^^)

 そして、集会所に着くと、男性のバイクはなくなっていた。(;-。-) =3 ホッ

針ノ木岳〜蓮華岳のページに戻ります。 袈裟丸山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。