石砂山

2015年12月6日(

石砂山山頂

石砂山  いしざれやま(さん) 578m 神奈川県 3名
歩行時間  6時間40分
コースタイム  篠原駐車場→40→牧馬峠→1:45→石砂山→20→西峰→35→川上ドッケ→25→尾根分岐→10→415.6→15→北尾根登山口(白階段)→10→取付き→45→尾根分岐→10→川上ドッケ→1:05→登山口→20→篠原駐車場

牧馬峠  ギフチョウのころは満車になる篠原駐車場は数台の車が停まっているだけ。駐車料金も無料のようだ。

 ここから車道を緩く登って牧馬峠まで行く。

 この牧馬峠から山道に入る。

 予想外に紅葉がまだ残っていて、嬉しい出足だ。

紅葉
紅葉
紅葉

急登  牧馬峠からのコースは踏み跡もしっかりついているが、その踏み跡も、途中から、トラバースするようになると、トレイルから外れ、尾根を直登する。かなりの急登で、アキレス腱もふくらはぎもストレッチ状態になるが、地図読みだから・・・。

 尾根に飛び出すと、石砂山山頂は数メートルのところだった。

 焼山、丹沢三峰、大山などがくっきり見えている。
尾根に出る 石砂山山頂
下りの丸太階段  貸し切りの山頂でお昼休憩をとり、北尾根に向けて出発する。

 丸太の階段を下り、西峰に登り返すところで、ハンターに出会う。イノシシと鹿を狙っているとのことだが、今日はこの数100mの赤線ルート以外、オールバリエーション。間違えられたら大変と、ここへ行ってこう歩くけれど大丈夫かと、フクシアさんが確認する。
川上ドッケ  572の西峰は特に標識もないピーク。ここから大きく下り、明るい綺麗な自然林の尾根を登り下りしながら、川上ドッケに着く。石の祠がある。

 ここは大石神社方面との分岐になる。今日は、北尾根を下山後、適当な尾根に取り付き、この川上ドッケまで登ってきて、この案内にある神社方面に下る予定だ。
カンアオイ
分岐にある、県道・温泉への案内  川上ドッケから20分ほど下った尾根の分岐は案内通り左(北西)方向に進み、数分で415.6の三角点に着く。

 分岐から右(北東)に伸びている尾根も良さそうなので、登って来るのはここにしようということになった。

 三角点からは「畑に入るな」という案内に従い、北尾根登山口の階段へ向かう。
三角点 北尾根登山口の階段
取付きへ  出た車道を10分ほど進み、脇道へ入る。民家の前を抜け、取り付くと少しの間ヤブ漕ぎだが、すぐに「水源の森林」の杭が出てくる。踏み跡も、ピンクのリボンもあった。

 この先は、「この水源の森林」の杭がいくつも出てくる。それぞれにナンバーがふられている。川上ドッケにもあった。
取付きへ 水源の森林の杭
川上ドッケ  車道から、45分ほどで、先ほどの川上ドッケ下の分岐に来た。ここから10分ほどで、川上ドッケに着く。

 ここで、小休止し、フクシアさんが気になったという大石神社方面に下る。

 午後3時、あたりはすでに、夕方のような色合いになってきている。
伐採地の展望  今の時期、日暮れは早い。地図、コンパスの確認はゆっくり確実に、そして下山はサッサッと、落ち葉の上を滑るように下る。

 途中の伐採地からは、大きな鉢岡山や日連(ひづれ)の山並み、その向こうには、陣馬山から三頭山へ連なる山並みが見えていた。
 やがて出会う造成されたばかりの道を下ると、民家の前に出る。

 ここから車道を20分ほど行けば、篠原駐車場に着く。

 久しぶりの地図読みだったが、バリエーションも地図読みも、やっぱり楽しい。

 フクシアさん、KDさん、お世話になりました〜。(^^)

両神山のページに戻ります。 御堂山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。