仙人ヶ岳

2015年12月27日(

仙人ヶ岳山頂

仙人ヶ岳  せんにんがたけ 662.9m 栃木県 会8名
歩行時間  4時間20分
コースタイム  岩切登山口P→40→生満不動尊→30→熊の分岐→25→仙人ヶ岳→25→熊の分岐→15→知ノ岳(561)→10→宗ノ岳(530)→25→犬帰り→25→猪子山(511)→45→猪子峠→20→岩切登山口P


岩切登山口  冬至も過ぎ、年末も押し迫ってきたが、まだまだ行ける。(笑)

 できればアカヤシオの時期に行きたい山だったが、そう言っていると取り逃す。ちょっとした岩場があるということで、岩や鎖が好きという面々が集まった。私は違うけど・・・。

 岩切登山口の近くの駐車スペースから、沢沿いのコースを行く。丸太の橋を何度か渡り、歩き始めて40分くらいで生満不動尊に着く。
登山道 生満不動尊
熊の分岐への登り  ここまではダラダラと緩い登りが続いたが、やがて、急坂となり、熊の分岐に着く。下山はここから尾根コースを行く。

 ここから、日光男体山や筑波山、副都心のビル街やスカイツリーが見える。

 葉が落ちた木々の間に、時折見えるピンク色は、ヤマツツジだ。この時期に、何ヶ所かで見られた。
熊の分岐 ツツジ
仙人ヶ岳のカルタ  赤雪山の分岐を過ぎれば、間もなく仙人ヶ岳の山頂に着く。

 「県境に、高くそびえる、仙人ヶ岳」というカルタの標識があった。

 この山頂も、休憩にちょうど良い椅子代わりの丸太が置かれている赤雪山の分岐も、冷たい風が通って寒くてゆっくり休める場所ではなかった。

展望

知ノ岳山頂  尾根コースを知ノ岳まで下る。ここは松田ダム方面の展望がいい。風はあまり当たらず、日差しが暖かい。この絶好の場所でお昼休憩にする。

 のんびりと、1時間近くの休憩を取って再び歩き始める。

 トレランの人達が、5人、10人と登ってくる。

松田ダム展望

宗ノ岳山頂  知ノ岳の次は、宗ノ岳と、小さなピークが続く。手書きの山名標識が掛けられている。

 この日の一番目的の犬帰り、巻き道もあるが、もちろん誰もそちらに行こうと言う人はいない。

 一人ずつゆっくり下るが、先に降りたものは、「詰まってますよ〜」とか「早くしてくださ〜い」などと、うるさい。(笑)

 8人全員が降りるのに10分ほどかかっただろうか。
犬帰り 犬帰り

展望

猪子山山頂  猪子山山頂を過ぎると、柔らかい歩きやすい道になり、いつの間にか猪子トンネルの上を通過、石の祠が出てくると、そのすぐ下に分岐がある。

 このまま深高山や石尊山のほうに縦走する人もいるようだが、我々は、ここから岩切登山口に戻る。
祠 猪子峠の分岐
駐車スペースに戻る  明るい杉林の中を10分ほど行くと、車道に飛び出す。猪子トンネルのすぐ西側になる。

 ここから車道を駐車スペースまで戻ると、朝もあったのだが、折り返し地点なのか、バスが停車しているのが見えた。

本仁田山のページに戻ります。 要倉山〜本宮山〜醍醐丸のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。