おかめ山

2016年1月11日(

竜神大橋by K隊長

おかめ山  おかめやま 440m 茨城県 6名
歩行時間  3時間50分
コースタイム  宝明P→2:00→おかめ山(西峰)→5→東峰→5→展望台→25→おかめ岩→1:10→宝明P



 日にちは? 場所は? となかなか決まらなかったが、間際になって、K隊長の提案で「おかめ山」と決まった。初めて聞く山で、地図上にはその名前は見当たらない。

 調べてみると、いろいろな人がいろいろな歩き方をしている、いかにもマニアが好みそうな山だ。

 水郡線の「山方宿」でピックアップしていただき、宝明の駐車スペースに向かう。駐車できるのは2台か、無理して3台ぐらいの狭いスペースだが、ほかに車はなかった。


駐車スペースから歩き始める  民家や畑の脇を通り、目的の尾根に取り付く。ヤブを抜け、木の枝を避けながら急登を行く。

 あそこだろう、と言われ見えるピークは、やけに近い。それもそのはず、今日は3kmそこそこの短いコースなのだ。 
畑の横 山頂が近い
岩があると登る  その余裕から、途中にあった大岩に、代わる代わる登って記念撮影をしたり、いくつもの空き缶やペットボトルのゴミを拾ったりしている。KNさん、今日は舐めてかかってないので、荷物が少ないから・・・と。ヾ(・・;)ォィォィ

 山火事用心の吸い殻入れは、ここに必要なのか、ちょっと頭をかしげる。
空き缶拾い 吸い殻入れ
斜面をよじ登る  そんな余裕もそこまでで、稜線に出る直前の急斜面は、かなりの時間を要することになった。

 Tさんが、念のためと、ロープを出してくれ、K隊長は、「大きなイワマツがある〜」と叫びながら、ルートファインディングに先に進んだ。(^^;)
斜面をどう行くか?  日の当たらない寒い斜面。細い木の幹はしっかりしているように見えて、腐っていたり、ボキッと簡単に折れたりする。またこの辺りの岩はもろいくて割れやすい。

 一番の難所を登り切って少し先に行った展望地に立つと絶景が広がる。北に奥久慈男体山だ。目の前の尾根をメンバーが登っている。こうして見るとかなり急だ。

展望地から前方に斜面を登るメンバー
東、日光男体山、高原山が見える

おかめ山山頂  この展望地のすぐ先が、おかめ山(西峰)だった。狭いが、ほぼ360度の展望がある。

 プチプチのような、あまり凹凸のない茨城の山並みの向こうに、日光男体山や、高原山も見えている。

 東峰は西峰から5分ほど先で、ここも狭い山頂だ。この先の展望台に向かいお昼休憩になる。

展望台へ
展望台

岩稜を歩く  下山は、狭い岩稜を歩いたり、岩の上からこわごわ下を覗きこんだり。(^^;)

 おかめ岩は、登っているとそれとわからないが、下りてその先に行き、標識のところから見ると、大岩がおかめの横顔に見える。(どちらかと言うと、ゴリラかな?
覗き込む おかめ岩の上へ

おかめさんの横顔

ロープを出して  稜線からの下りは、ここも急坂で始まる。安全のために再びテープを出してもらう。安心感がある。

 その後は隊長の「歩きやすいところをテキトーに降りて〜」の言葉で、アオキにつかまったり、潜ったり、跨いだりしながら適当に降りる。落ち葉の下は砂利のような細かい軽い石で、1歩進むと1mぐらい滑り落ちる。
下りの難所 アオキが多い
駐車スペースに戻る  そうこうしながら、正規の登山道(?)に合流し、無事、駐車スペースに戻ってきた。

 たった3kmほどのこの日のルートだったが、ここも、しっかりと記憶に残る山となるだろう。

 締めのお茶タイム、KNさんお手製のR-1ヨーグルトで、今日の疲れは明日に残らない・・・かも。(^^)

根本山のページに戻ります。 赤面山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。