景信山〜陣馬山

2016年3月18日(

ハナネコノメ

景信山  かげのぶやま 727.1m
 東京都 神奈川県 単独
陣馬山  じんばさん 857m
 東京都 神奈川県
歩行時間  5時間20分
コースタイム  日影バス停→1:10→小木沢陣馬山登山口→1:20→景信山→1:05→明王峠→40→陣馬山→1:05→陣馬山登山口バス停



 高尾からのバスは、一台増便された。隣に座った女性も、ハナネコノメを見に行くという。いろいろと伺って、予定のコースを変更して、歩くことにした。

 日影沢のハナネコノメはギリギリセーフといったところだった。ただ、数年前、初めて見たときよりも、規模はだいぶ小さくなったような気がする。観賞している人は7〜8人というところだった。

 コチャルメルソウも、見られた。アズマイチゲは、陽が射さないためか、花開いていない。

ハナネコノメ

コチャルメルソウ アズマイチゲ


 次は小下沢(木下沢)林道へ向かう。梅林は、真っ盛りをちょっと過ぎたところで、何本か、花が茶色になっているものもあったが、十分見られた。

 左手に小下沢を見ながら歩いて行く。

 「あら〜」、先ほどの女性だった。この沢のハナネコノメはまだまだこれからという感じで、花の小さなものが多い。あとは同じ、と思いながらも、あちこちで観賞しながら、進む。

 日当たりの良い斜面には、イチリンソウやヤマルリソウも咲き始めている。
 

梅林

ニリンソウ ヤマルリソウ
ツルネコノメ? ヨゴレネコノメ
ハナネコノメ ハナネコノメ

景信山山頂  ハナネコノメを十分堪能したあとは、女性と別れ、景信山に向かう。

 山頂標識の近くのベンチに進み、ここで、ランチタイムとする。休んでいる登山者の数は、ずいぶん少ない。

 霞んでいて、雲もあるため、富士山は見えない。
明王峠  お昼を済ませ、明王峠に向かう。時折、すれ違う登山者もいるものの、どちらかというと、トレランの人のほうが多い。

 明王峠からは、薄らだが、富士山が見えた。何ザクラか、濃いピンクの花が咲いている。
富士山 桜
陣馬山山頂  このまま、相模湖に下山も考えたが、久しぶりに白い馬を見たくなり、陣馬山に進む。

 広い山頂は、閑散としていた。

 野外卓で、温かいお茶で一服。栃谷尾根を下る。

丸山のページに戻ります。 福寿草群生地のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。