鍋足山

2016年3月26日(

ビューポイントから那須山

鍋足山  なべあしやま 551.5m(1峰)
 茨城県 5名
 
歩行時間  5時間10分
コースタイム  笹原登山口P→20→団子岩の滝→1:20→▲551.7→1:15→4峰→45→ビューポイント→20→2峰→10→鍋足山(1峰)→45→ハッチメ滝→15→笹原登山口P


笹原登山口へ  登山口近くのコンビニで全員集合すると、笹原の登山口近くの駐車スペースに移動する。

 嬉しいことに、予報に反して青空が広がるいい天気。(^^)

 登山口からはミツマタの花が咲く植林の中を進み、銚子口の滝、団子岩の滝を見ながら沢を登って行く。
笹原登山口 団子岩の滝
沢を登る  苔の生えた大岩は、滑るわ、足がほんのちょっとだけ足りないわ・・・(^^;)

 それでも、ヨッコラショと、一つ一つクリアしながら、いい感じの沢のどんづまりに行きつくと、休むことなく、枯葉で滑る急斜面をぐんぐんと登って行く。
沢を詰める  明るい尾根はボコボコの大岩が続く。とっかかりはあるので、登りやすいが、ボロッと落ちるもろさもあるので、要注意だ。動かないなと確認しながら四つん這いで登って行く。

 そうこうして、本日の最高峰でもある、鍋足山唯一の三角点峰551.7に到着する。
岩尾根 三角点峰
展望  三角点峰からは、先ほどの沢まで下りる。せっかく登ったのにかなり勿体ない。(^^;)

 ここから4峰に向かって、別の尾根に取り付く。登り切ると、右側が切れ落ちた岩尾根を進む。展望は抜群だ。
右側は切れ落ちて

那須山方面

紅葉谷から登り返す  高原山や、まだ白い那須連山が見えている。

 ここからまたもや斜面をぐ〜んと下る。下ったところが「もみじ谷」で、紅葉もまたいいらしい。

 正面はちょっと見は壁のように見えたのだが、そこを真っすぐ登り返す。実際には、下のほうは見た目ほどではなく、尾根に出る直前の一番急でズルズル滑るところには、お助けロープが設置されていた。

ビューポイントから
ビューポイントから

2峰  展望の良いコースのさらに、一番のビューポイントで、お昼休憩をとる。

 天気の割には寒い日だが、風を避けて座ると、日差しのお陰でそれほど寒くない。

 ランチタイムのあとは登りがシンドイ。(^^;)

 2峰の手前でザックを降ろし、Tさんにロープワークを教えていただいて、その後、鍋足山(1峰)山頂に向かう。
ロープワーク講習 鍋足山(1峰)
下り  ここからぐんぐん下り、一般道に合流する。「笹原」の案内が出てきた。

 このまま一般道を行くのかとホッとしたのもつかの間、KNさんのたっての希望で、またもやヤブ漕ぎコースへ突入。あれぇ〜〜〜(^^;)

 そして急斜面を、名前のない(?)滝に下りた。
ヤブ漕ぎ 急斜面
名前のない滝 ハッチメ滝
 この滝から10分ほど行くと、ハッチメ滝が見えてきた。岩に大きな丸い穴が開いた、不思議な滝だ。

 ネコノメソウやミツマタの花を見ながら、一般道を駐車場に戻った。

 鍋足山は9年ぶり2回目。まったく別の山だった。





スハマソウ
スハマソウ



ミツマタ トウゴクサバノオ?
シュンラン ダンコウバイ
イワウチワ ヨゴレネコノメ




2007年10月28日の鍋足山のページへ



福寿草群生地のページに戻ります。 ハガケ山〜文台山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。