橋本山〜カイ立場

2016年4月2日(

顔振峠付近

橋本山  はしもとやま 321m 埼玉県 会8名
歩行時間  6時間15分
コースタイム  東吾野→35→鉄塔分岐→ロス25→鉄塔分岐→10→雨乞塚→10→橋本山→25→ユガテ→1:15→一本杉峠→15→カイ立場→35→桃源郷→35→カイ立場→10→一本杉峠→30→諏訪神社→15→顔振峠→55→吾野


東吾野駅  東吾野駅に集合したときは、小雨がぱらついていた。カッパを着て、ザックカバーをつけて、出発する。線路沿いの桜は満開だ。

 吾那神社から登山道に入る。登山道脇には、たくさんのスミレが咲き、目を上げるとヤマブキの黄色が目立っている。
吾那神社 ヤマブキ
鉄塔  やがて、正面に鉄塔が見えてくる。このまま直進かと思いきや、リーダーは右手の踏み跡へ下りて行く。最初に予想していたルートではなく、別ルートで行くのだろうか、と思っていたら、しばらくして、道を間違えたということで、先ほどの鉄塔の分岐に戻る。(^^;)
? 雨乞塚
橋本山山頂  そこから橋本山に向かうが、途中、雨乞塚に立ち寄る。標識があるが、塚がどれかよくわからない。

 行き止まりから戻って、橋本山(321)に向かう。西側が伐採されて展望のいい山頂だ。正面の大きな山は大持山? ヤマザクラが咲き始めている。

橋本山からの展望

ひきゃく道  少し休んで、ユガテに向かう。何年ぶりになるだろうか。この道は「ひきゃく道」と書かれている。

 久しぶりのユガテは、桜、コブシ、水仙、ツツジなど、春の花が一斉に咲いて花盛りだった。

 ここで早めのお昼休憩となる。
何サクラ? ユガテ
一本杉峠  食後は、エビガ坂〜十二曲りから、一本杉峠へ向かう。何回か林道を横切り、登ったり下ったり。

 一本杉峠の手前の分岐はいくつもの道標が立つ。桃源郷へ行ったら、ここまで戻ってきて、顔振峠に向かう予定だ。
カイ立場  一本杉峠からは、カイ立場へ下る。カイ立場はT字路になっていて、左は鼻曲山から桂木観音〜大高取山〜越生へ向かうコースとなり、我々は、右(東)に下る。

 すぐに出てくる分岐を北へぐんぐん、ぐんぐん下って行くと、数軒の民家と桃や桜の花に彩られた斜面が見えてくる。

桃源郷

桜の下を散策  濃いピンクの花桃と満開の桜の間をしばし散策する。
 かなり下ってきたので、このまま、車道を行き、桂木観音〜越生方面に抜けたいところだが、予定通り、もと来た道を戻る。ただ黙々と・・・。これがキツイ。(>_<)
分岐  カイ立場〜一本杉峠へと戻り、先ほどの分岐を、林道笹郷線方面に向かう。この標識の上に、手書きで顔振峠と書かれていた。確かにそのほうがわかりやすい。(^^)

 越上山は以前何度か来たことがあるが、全く記憶がない。
奥の院? 奥の院から登山道へ
諏訪神社  誰も山頂には行かないということで、諏訪神社を通り、顔振峠に向かう。顔振峠も、ミツマタや、ムラサキヤシオが満開だった。

 ここからは記憶に残っている道を吾野駅まで戻る。

 今日のコースの中で、偶然イワウチワの群生を見つけた。予想外で嬉しい出会いだった。



ヤマルリソウ スミレ
エイザンスミレ スミレ
イワウチワ キランソウ

ハガケ山〜文台山のページに戻ります。 筑波山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。