筑波山

2016年4月6日(

筑波高原キャンプ場

筑波山  つくばさん 875.9m 茨城県 単独
歩行時間  4時間40分
コースタイム  つつじが丘→35→弁慶茶屋跡→40→女体山→45→筑波高原キャンプ場→10→女の川→1:15→御幸ヶ原→20→男女川源流→40→筑波山神社→15→筑波山神社入口


つつじヶ丘  つくば駅からの始発のシャトルバスは8時出発。満席状態だったが、立っている人はいなかったようだ。つつじヶ丘駐車場もまだ閑散としている。ロープウェイ9時20分が始発なので、これから人も車も増えるのだろう。

 登り始めてすぐにヤマツツジが咲いていた。
ヤマツツジとつつじヶ丘

 たくさんのスミレが咲き、クサボケのオレンジの花も足元に見える。一緒になった近くに住む昭和13年生まれという男性が、以前はこのクサボケ(シドミ)の花がびっしりと咲いていて、「シドミヶ原」と呼ばれていたと話してくれた。

 あづまやを過ぎると、カタクリやニリンソウが出てくる。花びらはまだ閉じている。

 ペースが同じだね〜という男性を、ちょっと花の途切れた弁慶茶屋跡辺りから振り切り(笑)、女体山頂に向かう。いくらなんでも、13年生まれには負けられません!(笑)

 岩を登る道の脇にも、ハルトラノオやキクザキイチゲが咲いている。春の筑波山、予想以上だ。(^^)

女体山山頂  女体山山頂は、少し霞んでいて、富士山は見えなかった。なんとなく山頂の感じが違うと思ったら、前回来た時にできていた金属製の柵がなくなっていた。

 ここから、御幸ヶ原方面に数分、筑波高原キャンプ場への道を下る。最初は滑りやすい少し急な道も、だんだん広くて緩やかな歩きやすい道になってくる。
筑波高原キャンプ場へ下る 登山道脇にカタクリ
筑波高原キャンプ場  群生地のカタクリはまだ満開とまではいかず、これからどんどん咲いてくるだろうというところだった。

 キャンプ場の辺りも同様で、ほかにニリンソウやアズマイチゲ、キクザキイチゲ、ミヤマカタバミと、被写体がいっぱい。キャンプ広場の桜は満開だ。(トップ画像
女の川  ここから少し下るように林道を行き、筑波ユースホステル跡から御幸ヶ原に登り返す予定だったが、女の川(めのかわ)沿いに踏み跡があるので、ここから入って行くことにする。

 これが大正解で、ずっと視界から花が途切れることのない、ワンダフルなコースだった。\(^o^)/

女の川
女の川


前方に男体山   踏み跡を辿っていくと、また女体山に向かうことになるが、西側の登山道に出たいので、強引に横断することにする。雑木林は、途中から、ヤブ、ヤブ、ヤブ、かつてない長さのヤブ漕ぎとなった。(>_<)

 無事、ユースホステル跡からの登山道に合流すると、前方に男体山が見え、ここから10分足らずで、御幸ヶ原に到着した。
御幸ヶ原  平日だからか、やはりそれほど人の数は多くない。ベンチに腰掛け、お昼休憩をとる。

 時間はまだ早いので、自然研究路に行こうか迷ったが、十分お花見はできたので、このまま下山することにする。



 「筑波嶺の峰より落つる男女川、恋ぞつもりて淵となりぬる」

 小倉百人一首の陽成院の歌にある、男女川(みなのがわ)の水源地、今まで何度か立ち寄ったが、今回、女の川を歩いたことで、その意味や、位置関係が把握できた。ちなみに、男の川(おのかわ)は男体山を源として流れ、下流で、女の川と合流して、男女川となるのだそうだ。




男女川水源地



筑波山神社  階段の多い、神社へのコース、まだまだ、ハイカーは登ってくる。この山は、ケーブルカーもロープウェイもあるからか出足が遅い。

 筑波山神社に下り、桜満開の境内を抜け、土産物屋の前をブラブラとバス停に向かった。



クサボケ スミレ
ミヤマカタバミ ハルトラノオ
カタクリ アズマイチゲ
ニリンソウ エンレイソウ
ユリワサビ キクザキイチゲ



2016年7月4日の筑波山のページへ



橋本山〜カイ立場のページに戻ります。 馬不入山〜晃石山〜太平山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。