八溝山

2016年4月10日(

カタクリ

八溝山  やみぞさん 1022.0m 福島県、茨城県、 3名 那須野ヶ原温泉ホテルアオキ
歩行時間  4時間15分
コースタイム  八溝山神社P→25→高笹山分岐→30→茗荷沢→30→真名畑林道→10→遊歩道入口→50→鹿ノ又沢→40→鹿ノ又林道終点→55→遊歩道入口→15→八溝山神社P


八溝山神社駐車場  今回は、コース断面図のように、山頂の駐車場を起点として、まずは茗荷沢を目指して下っていき、鹿ノ又沢に出たところで、逆に登ってくるという、一般登山とは逆の行程だ。

 クマザサの茂る道に入ると、すぐにカタクリの花が咲いているが、ここははノンストップ。

 まもなく、高笹山との分岐に出る。 
茗荷沢  ここからさらに下って行く。周囲はシロヤシオの木が多い。最初のイワウチワの群生地を抜けて、茗荷沢に着くと、男性登山者が写真を撮っていた。

 ヤマレコに地図をアップされていたharetaraさんだった。今回はその地図を使わせてもらっている。

茗荷沢付近のカタクリ

尾根に乗る  いろいろな花の情報をお聞きしていると、時期をずらしての再訪がしたくなる。

 まだじっくりと写真を撮っていられるharetaraさんと別れ、急斜面を尾根に乗り、先に進む。

 クマザサの斜面をいったん真名畑林道に下り、10分ほどで、遊歩道入口の標識がある。
笹原を下る 真名畑林道に下りる
遊歩道入口  遊歩道とあるが、急坂もあり、案内も多くない。それほど人も入っていないようだ。

 まもなく、カタクリの群生地になる。

 踏んでしまわないように、と、気を付けて歩く。

 しばらく行くと、花はカタクリからイワウチワの群生に変わる。
ロープも付いた急坂 踏まないように・・・

カタクリの群生

拝むように写真撮影  膝より下の花はみな雑草、目の高さ以上の花しか興味がないというMさんも、今回は別のようだ。膝をついて、小さく屈んで、拝むように、この花たちをカメラに収めていた。(^^)

 イワウチワの色は、白っぽいもの、ピンク、濃いピンクといろいろで、それぞれが競うように咲いている。





鹿ノ又林道  鹿ノ又林道に下りたつ。すぐそばに鹿ノ又沢が流れている。

 ここで、ランチタイムだ。花園に夢中で、すっかりお腹が空いたのを忘れていたが、ここにきて、急に空腹感を感じた。(^^;)

 ゆっくりと休憩をとると、沢沿いの林道を緩く登って行く。 
林道終点 フキノトウ
沢沿いをさらに登る  林道の終点からは再び山道へ入る。

 カタクリの群生地を抜け、まだ咲き始めて間もないイワウチワの群生地を通り、最後の登りの尾根を行く。

 笹原を少し下り、巻くようにして遊歩道の出口に着く。
ここもカタクリの群生地 クマザサの道
遊歩道の出口  ここにも遊歩道、とあるが、やっぱり一般的な遊歩道とは異なる。地図やコンパスも持たず、安易な気持ちで入るところではないと思う。

 林道を神社前に戻ると、八溝山神社にお参りする。隣のお城のような展望台から下に、神社の屋根と、八溝山の山頂標識が見えた。
八溝山神社 八溝山山頂




イワウチワ ハナネコノメ
ニリンソウ エイザンスミレ
ネコノメソウ ハルトラノオ
アズマイチゲ フデリンドウ




2016年5月2日の八溝山のページへ

2016年5月8日の八溝山のページへ

2017年4月22日の八溝山のページへ


馬不入山〜晃石山〜太平山のページに戻ります。 三ッ岩岳のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。