鳴神山

2016年4月26日(

ヤマツツジ

鳴神山  なるかみやま 979.6m 群馬県 2名 桐生温泉「湯らら」
歩行時間  4時間30分
コースタイム  駐車スペース→5→駒形登山口→1:05→P734→1:15→鳴神山→5→仁田山岳→15→椚田→5→カッコソウ群生地→10→椚田→1:25→駒形登山口→5→駐車スペース


駒形登山口  平日とはいえ、人気の山の花の時期に訪れる人は多い。それほど多くない駐車スペースもほぼ一杯で、路肩駐車も数台あった。運よく空いたスペースに駐車して歩き始める。

 駒形登山口の工事中の橋を渡ってすぐの尾根に取り付くと、すぐに岩場もある急登になる。
岩場 植林
P734付近、ツタのブランコ  新緑の雑木林はヤマツツジのオレンジが良く目立つ。(トップ画像)

 傾斜が緩むと、少しの間、植林となり、またすぐに雑木林に変わる。よく見るとフモトスミレが多い。

 広い尾根のP734付近にツタのブランコがぶら下がっていた。
ヤセオネあり  まだ桜も少し残っていて、黄緑色の中に、淡いピンクがポツポツと見えている。

 そして、そのあたりから、ミツバツツジ、さらにはアカヤシオと変わっていく。アカヤシオは終盤と思っていたが、この辺りはまだまだ綺麗だ。

 そして、気が付くと、周囲はピンクのイルミネーションい囲まれていた。

新緑
ミツバツツジとアカヤシオ
アカヤシオ
アカヤシオ

ヒメイワカガミ  山頂間近では、イワカガミの群生地があそこにも、ここにも、と続く。花は、小さなツボミがいくつかあるが、まだまだ先のようだ。これが咲いたら凄いことになりそうだ。

 小さな石の祠が出てきたら、第一展望台に出る。山頂はすぐだ。
祠 第一展望台
鳴神山山頂  ここまでは誰にも会わなかったが、鳴神山(桐生岳)の山頂には10人ほどの人が休んでいた。空いたベンチが一つ、腰掛けてお昼休憩をとる。

 山頂のアカヤシオはもうご老体。そっとしておこう。(笑)

 向かいの仁田山岳の斜面はまだピンクがよく見える。山頂付近のヒメイワカガミはまだまだ先だ。

仁田山岳
仁田山岳のアカヤシオ
椚田へ下るラブちゃんと飼い主さん

カッコソウ群生地  山頂で会った、犬のラブちゃんと、カッコソウを管理しているという飼い主さんに導かれ、椚田峠のカッコソウ群生地に行ってみると、予想以上に花開いていた。1週間もすれば満開だろう。

 希少なヒトツバエゾスミレも数株見ることができた。この白花がナルカミスミレと言うとか。スミレも激減して、ナルカミスミレは幻のスミレとなったのか・・・。
ラブちゃん 椚田峠







ヒトツバエゾスミレ
ヒトツバエゾスミレ



アケボノスミレ ?
マルバスミレ ノジスミレ?
フデリンドウ ツボスミレ
ミヤマハコベ ヒトリシズカ



古賀志山のページに戻ります。 権現山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。