権現山〜扇山

2016年4月30日(

権現山山頂

権現山  ごんげんやま 1311.9m 山梨県 2名
扇山  おうぎやま 1137.8m 山梨県
歩行時間  7時間55分
コースタイム  初戸→50→権現山北尾根取付き(赤い橋)→3:10→権現山→50→浅川峠→55→扇山→35→南尾根分岐→40→南尾根登山口→55→鳥沢


初戸  GWの晴れの日とあって、上野原駅にはずらーっとバスを待つ人が列をなし、増便もされての出発となった。

 初戸のバス停で降りた数人は、みな玄房尾根へ向かい、私たちは、林道を腰掛の集落に向かって歩く。
林道から北尾根方面  林道の途中から、これから登る新緑の北尾根(多分)が見える。

 腰掛の集落の庭先にいた方にお聞きし、取付き位置の確認をして、2つの橋を渡る。2つ目は個人のお宅の庭先を奥へ進んで行く。この奥へ行ってくださいと、声をかけていただいた。
一つ目の橋 赤い橋
腰掛集落  左手に腰掛集落を見ながら橋を渡り、その先に続く階段を登って尾根に乗る。

 勾配のきつい植林帯を行くと、アンテナが現れ、P603へ続くのか(未確認)、東からの道と合流する。

 800m辺りになると傾斜も緩み、周囲は眩しいほどの新緑の自然林になる。
植林の急な登り 新緑とミツバツツジ


 P1084のピークを過ぎ、さらに高度が上がってくると、ミツバツツジが目立つようになる。濃いピンクや、アカヤシオのような淡いピンクが混じっている。

 直下の岩場を過ぎると、間もなく、権現山山頂に着く。(トップ画像

 10数人の登山者がいたが、10人ほどの団体さんが記念写真を撮って、浅川に下って行き、山頂は私たちの他は3人だけになった。

 私たちも、ここで遅いランチタイムをとる。目の前、中央は、三頭山、その左手奥は雲取山だろうか。


権現山山頂からの展望

権現山から麻生山方面分岐へ  休憩後は、浅川峠から扇山へ向かう。

 麻生山への分岐からはかなり急な下りになる。14時を過ぎる時間になっても、まだ登って人達がいる。浅川から権現山のピストンだろうか。

 浅川峠から扇山までは歩きやすい道が続く。アケボノスミレやヒトリシズカが多い。

扇山

扇山山頂  扇山の山頂は、何年ぶりだったか、広くて気持ちがいい。大きな桜がまだ咲いていた。

 大きな富士山は見えないほど薄らだ。この山頂でも、ゆっくりとお茶タイムをとる。
扇山山頂からの富士山 扇山山頂の桜
 キャンプでもしたいような山頂に別れを告げ、下山にかかる。

 鳴神山でもそうだったが、今年は、なのか、この先もなのか、スミレの数がかなり少ないそうだ。それでも、見かける小さなスミレに一喜一憂。
南尾根分岐  見分け方、忘れないようにしないと・・・。(^^;)

 以前から気になっていた南尾根は、今年、新しくした地図には、赤線ルートとなり、分岐には案内も立つ。

 楽しみにしていたヤマツツジの尾根は、ちょっとだけガッカリ。(^^;)
南尾根のヤマツツジ  まだ、ツボミも開いていない木もあるが、花芽が見えない木も多く、今年は裏年なのかもしれない。

 それでも、黄緑の中のオレンジは良く目立ち、満開の華やかさを想像させる。
南尾根登山口の水道施設  南尾根から林道に出る。目の前にあるのは水道施設のようだ。

 ここから、建て替えられて綺麗になった鳥沢駅まで、1時間ほどの車道歩きだ。ワラビもゲットして、長かった今日の山行は終了となった。
鳥沢家 わらび






ヒトリシズカ ツクバキンモンソウ
イカリソウ 双子の(?)チゴユリ
クサボケ オカスミレとフデリンドウ
アカネスミレ ヒゴスミレ
フモトスミレ エイザンスミレ
エイザンスミレ エイザンスミレ
マルバスミレ オトメスミレ
アケボノスミレ ジュウニキランソウ

鳴神山のページに戻ります。 八溝山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。