雲竜渓谷

2016年6月4日(



雲竜渓谷  うんりゅうけいこく 栃木県 6名
行動時間  7時間10分(休憩含む)


ゲート前  ここは、やはり氷瀑の時期以外は入る人は少ない。ゲート前の駐車スペースには我々以外の車はなかった。

 緩い登りの舗装道路、雪の時はけっこう歩きにくかったが、雪がない分、少しは歩きやすい。

 途中、クリンソウが群生していた。

クリンソウ

雲竜渓谷入口  1時間半ほどで、雲竜渓谷入口に着く。ここから沢に降り、雲竜瀑に向かう。

 この時期は初めてなので、水量の多少は比べ様もないが、雪や氷で覆われているほうが歩きやすいのは間違いない。

 やがて、正面に雲竜瀑が見えてきた。
雲竜渓谷 雲竜渓谷
 季節が違うとまったく様子が違って見える。雲竜瀑の周囲も緑が多く、こうして見るとかなりの落差のある滝だった。

雲竜瀑
雲竜渓谷
雲竜渓谷


 本日の最大の目的のコウシンソウはというと、正確な場所はわからなかったため、時間をかけることになったが、その結果、見つけることができた。ユキワリソウはその倍以上の数だ。\(^o^)/

ユキワリソウ
コウシンソウ
コウシンソウ
コウシンソウ
コウシンソウ
コウシンソウ

女峰山方面  女峰山方面に、ガスがかかってくるころ、見ることができた、という満足感で、足取りも軽く、長い林道を登山口に戻る。

 途中、稲荷川展望台の野外卓で恒例のお茶タイム、本日の山行の締めくくりとなった。



 (※ コウシンソウは、絶滅危惧種ということで、先人に習い、ログは掲載しません。m(__)m)
ヤマツツジ 稲荷川展望台




白毛門のページに戻ります。 庚申山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。