三壁山〜エビ山

2016年7月10日(

カモシカ平

三壁山  みつかべやま 1974m 群馬県 会6名
高沢山  たかざわやま 1906m 群馬県
エビ山  えびやま 1744m 群馬県
歩行時間  4時間15分
コースタイム  野尻湖ビジターセンター→1:35→三壁山→30→カモシカ平分岐→15→カモシカ平→20→カモシカ平分岐→5→高沢山→40→エビ山→35→野尻湖第2キャンプ場→15→野尻湖ビジターセンター


 標高1500mほどの野尻湖ビジターセンターから歩き始めたのは、10時40分を回っていた。

 野反湖を見下ろすバンガローが立ち並ぶキャンプ場の中の道を登って行く。じっとしていれば高原の爽やかさだが、歩き始めるとやはり暑かった。
 実を付けたエンレイソウや透き通ったピンク色のギンリョウソウなどを見ながら徐々に高度を上げて行く。

 三壁山の山頂からは展望はない。コースは時々見晴の良いところに出るものの、ほとんどが樹林の中だ。「快適な高原散策とは話が違う〜」と、大の大人たちがブツブツ言ってる。(笑)
 カモシカ平の分岐に来ると、戻って来たハイカーがいた。「ちょうど見頃ですよ〜」と言う。楽しみだが、まずはここで遅めのお昼休憩をとり、ザックをデポして下って行く。

 カモシカ平は、素晴らしかった。

 柵もロープもない。ここは食害はないのだろうか。




 カモシカ平分岐から5分ほどで高沢山山頂だ。ここも、展望はない。このルートで展望のいいのは、この先の群馬百名山、エビ山山頂だ。

 ここからは、野反峠方面への道を見送り、キャンプ場方面に下る。
エビ山
第2キャンプ場  第2キャンプ場からビジターセンタ―に戻ると、野反峠のコマクサを見に行く。こちらも、ちょうど見頃となっていた。

 夕食は、焼き鳥やら野菜ラーメンやらでお腹一杯。真っ赤な夕焼けの後は、降るような星空だったらしいが、私は、誰よりも早く、眠りに入っていたようだ。
焼き鳥 夕焼け






アオヤギソウ コゴメグサ
ネバリノギラン クルマユリ
ハクサンフウロ キソチドリ?
ウスユキソウ コマクサ

三ツ峠山のページに戻ります。 白砂山〜八間山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。