白砂山〜八間山

2016年7月11日(

白砂山に向かう

白砂山  しらすなやま 2139.7m 群馬県 会5名 応徳温泉「くつろぎの湯」
八間山  はちけんざん 1934.5m 群馬県
堂岩山  どういわやま 2051m 群馬県
歩行時間  7時間25分
コースタイム  野反湖白砂山登山口P→45→地蔵峠→1:35→堂岩山→10→八間山分岐→1:15→白砂山→1:10→八間山分岐→1:35→八間山→45→車道出合→10→野反湖白砂山登山口P


野反湖白砂山登山口  朝4時、気持ち良く目を覚ますと、KZさんが虫に刺されて眠れなかったと言っていた。しめしめ、これで少しはハンディーになる。(笑)

 それぞれ簡単に朝食を済ませ、5時過ぎ、野反湖白砂山登山口から歩き始める。振り返ると、野反湖畔の売店と立派な休憩所が見える。
湖畔の売店と休憩所を振り返る 沢を渡る
地蔵峠の石仏  ルートはすぐに、下り始める。ぐんぐん下って、沢を渡ると、やっと再びの登りになる。

 地蔵峠には、今にも倒れそうな祠に地蔵というより、座った石仏が祀られていた。この先も、しばらく樹林の中の変化のない登りになるが、ただゴゼンタチバナの花が群生しているのが、嬉しい。マイヅルソウの葉っぱも多く、花の時期には、真っ白になるだろう。
水場の分岐  水場の分岐に着くと、やっと南側の眺望が得られる。野反湖のさらに向こう、山頂が茶色っぽい草津白根山が印象的だ。

 朝も早いこともあり、涼しくて、気持ちがいいが、まだまだ樹林帯の歩きは続き、ここからはさらに、急登が待っている。

水場分岐からの展望

堂岩山山頂  堂岩山山頂からも展望はないが、その先へ進むと、すぐに北側が開けてくる。10分もしないで八間山との分岐に着くと、後は、白砂山まで快適(?)な尾根歩きだ。

 ここまでは我慢の山登り、口々に、いいなぁ〜という声が飛び出す。

八間山分岐
快適な尾根歩き

白砂山山頂  快適というにはハードなアップダウンのルート、やっとのことで、8時50分、白砂山山頂に到着した。(;^_^A

 山頂は私たちの他に登山者2名。朝が早かったので、ここで昼食(?)

 記念写真を撮って下山開始。これからもまだまだ長いのだ。

白砂山からの稜線


 行きには省略した金沢レリーフも確認。金沢淳という方の名前がある。

 花は、ニッコウキスゲのほかに、ハクサンフウロ、ウツボグサ、クルマユリ、ハクサンチドリ、カラマツソウなどが咲いていた。

金沢レリーフの岩場 金沢レリーフ
猟師ノ頭  猟師の頭を過ぎると20分ほどで、八間山の分岐に着く。白砂山までの稜線はやっぱり魅力的だった。

 日差しが強くなり、暑い。(>_<)

 アップダウンは足にも体にも堪え、なかなか先に進まない。前を行くメンバーは絶好調で、だんだん小さくなっていく。寝不足とか言っていたKZさんも・・・。ハンディーが足りない。(-"-)

白砂山方面を振り返り・・・
八間山は遠い

八間山手前の分岐  それでも、覚えのある分岐標識が見えてきた。はるか遠くに見えた八間山の山頂はすぐ先だ。

 2人の登山者が休んでいた。風が涼しいが日差しは暑い。(>_<)

 木陰で、数分の休憩をとり、あとは一目散に、キャンプ場方面へ、登山口目指して下る。車道に出たら、登山口駐車場まであと一息だ。

 p(*^-^*)q がんばっ♪
八間山山頂 車道出合






ウツボグサ ゴゼンタチバナ ハクサンチドリ



2014年6月3日の八間山のページへ


三壁山〜エビ山のページに戻ります。 伊豆ヶ岳〜武川岳のページへ行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。