釈迦ヶ岳(高原山)

2016年11月5日(

釈迦ヶ岳山頂

釈迦ヶ岳  しゃかがたけ 1794.8m 栃木県 3名
西平岳  にしひらだけ 1712m 栃木県
中岳  なかだけ 1728m 栃木県
歩行時間  5時間50分
コースタイム  守子神社登山口→45→西平岳分岐→25→釈迦ヶ岳登山口→15→西平岳登山口→1:45→西平岳→25→中岳→30→釈迦ヶ岳→45→釈迦ヶ岳登山口分岐→25→西平岳分岐→15→守子神社→20→守子神社登山口


守子神社登山口  5台ほど停められそうな守子神社登山口の駐車スペースには先客が1人で一台。私たちのすぐ前に出発して行った。ここから歩く人は少ないとのことだ。

 丸太の階段を登って登山道に入って行く。しばらくは緩やかな登りが続く。
守子神社  30分ほどで守子神社が現れ、さらに進むとその先に釈迦ヶ岳へ直登するルートと西平岳登山口へ向かうルートに分かれる。

 赤や黄色の紅葉が綺麗な道を、西平岳登山口に向けて西へ進む。

分岐
紅葉
紅葉

釈迦ヶ岳登山口  ほぼ水平な登山道を行く。林道に出ると、釈迦ヶ岳登山口があり、西平岳登山口はさらにその先になる。その間の林道は崩れていて、車は入れない。

 黒沢橋を渡り間もなく、西平岳登山口に着く。ここからが本格的な登りになる。
西平岳登山口  予想していた通り、キツイ登りが続く。(>_<)

 マイペースを守って一歩一歩登る。引きずられないように・・・(^^;)。

 石の積み上げられた中に、石仏が一体。さらに進むと、やっと西平岳の標識が見えて来た。だが、ここは偽ピークで、本来のピークはそのすぐ先にあった。
石仏 偽ピーク
西平岳山頂  標識もない登山道の途中といった西平岳山頂で、朝、駐車場で会った方と再びバッタリ。逆ルートでもう下山してきたと言う。早っ!

 ここで登山道脇に腰を下ろし小休止。目の前に、釈迦ヶ岳が見えている。大間々からピストンという登山者が一人休憩中だった。

 西平岳から中岳に向かうと、パッと開けた。

男体山〜帝釈山〜鬼怒沼山方面
釈迦ヶ岳と中央奥の白い山々は日留賀岳〜大佐飛山方面

中岳山頂   急な下りから岩場の登り、中岳のピークはほぼ樹林の中だった。祠と赤い小さな鳥居がある。

 さらに、ロープや木の枝につかまっての下りが終わると、釈迦ヶ岳への最後の登りが待っていた。

 釈迦ヶ岳山頂は360度の展望だった。
木につかまりながら・・・ 釈迦ヶ岳への最後の登り

釈迦ヶ岳山頂から日留賀岳方面

笹ヤブの下山  釈迦ヶ岳山頂で、風を避けて休憩をとると、下山にかかる。直下は、笹の生い茂る間を縫って急な下りを行く。途中から道は広くなるが、切られた笹が滑る。

 周囲の木々は葉を落とし、冬の様相だ。

 「トレドの池」というオシャレな名前の、昭文社の地図にあるポイントは、水はなく、ぬた場のようになっている。
下山道 落葉した木々
 林道終点の釈迦ヶ岳登山口への道を分け、のんびりコースと書かれたルートに進むと、再び紅葉の林になった。ここからは文字通り、のんびりと写真を取りながら下る。

 終わってみれば、7時間ほどのコースを6時間かからずに歩いていた。キツイはずだわ。

 栃木も茨城も、山ザルは速い!!(-"-)

紅葉
紅葉

御正体山のページに戻ります。 酉谷山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。