谷急山

2016年11月20日(

丁須ノ頭方面

谷急山  やきゅうさん 1162.2m 群馬県 4名
歩行時間  6時間30分
コースタイム  国民宿舎裏妙義P→45→女道入口→1:30→女道分岐→1:30→谷急山→1:10→女道分岐→10→三方境→30→紅葉休憩→55→国民宿舎裏妙義P


国民宿舎裏妙義P  好天の日曜日、廃業した国民宿舎「裏妙義」の駐車場は、かなり埋まっていた。

 次から次へと出発する登山者同様、私たちも歩き始める。まずは、林道を行き女道入口から山道に入る。

 女道入口からすぐ右手の尾根に取り付くが、かなりの急登。落ち葉の積もる尾根をしばらく進む。

 谷急沢に下りると、右へ左へと渡り返しながら進む。踏み跡の薄いところや、わかりにくいところも多い。女の道は厳しい・・・。

 沢の分岐からは北に方向を変える。並んだ尾根の間の小さな谷で紅葉に包まれた。(^^♪
沢沿い 尾根に登る

女道の紅葉女道の紅葉
女道の紅葉

女道の分岐  三方境と谷急山の分岐に出ると、尾根を西に谷急山を目指す。 

 岩場やヤセ尾根が続き、いくつかの登下降を繰り返す。振り返ると丁須ノ頭方面、表妙義のギザギザもくっきりと見える。
巨大キノコ 鎖場

丁須ノ頭方面
表妙義方面

谷急山山頂  谷急山の狭い山頂には先客が7〜8人。目の前に浅間山が少し噴煙を上げているのが見える。

 同行のHMさんの「七峰縦走」の手袋を見て話しかけてきた方は今年初めて参加したという。ランチタイムはしばらく、こんな話題で和気あいあい、盛り上がった。

 昼食を済ませ、ほとんどの登山者のあとを追うようにし、我々も下山にかかる。

谷急山山頂から浅間山

ロープの下り 鎖場
三方境  先ほどの女坂分岐からさらに10分弱で、三方境に着く。ここから巡視道を下る。女道に比べたら、とても歩きやすい道だ。

 植林を抜け、しばらく行くと、燃えるような赤が現れた。聞いていた通り、ハズレのない紅葉の山、絶景ポイントではこの紅葉に包まれて、お茶タイムをとり、大満足の下山となった。

巡視道の紅葉
巡視道の紅葉
巡視道の紅葉
巡視道の紅葉
巡視道の紅葉
巡視道の紅葉
巡視道の紅葉

酉谷山〜金岱山のページに戻ります。 鍋足山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。