生藤山

2017年1月15日(



生藤山  しょうとうさん 990.3m 神奈川県 2名
最寄駅  往き: 藤野   帰り: 上野原
歩行時間  5時間10分
コースタイム  鎌沢バス停→15→取付き→50→赤線ルート合流→10→674P→10→軍刀利神社→10→佐野川峠(上岩バス停分岐)→20→甘草水→20→三国山→7→生藤山→7→三国山→1:00→祠→25→上岩バス停(石楯尾神社)→1:15→新町バス停


鎌沢バス停付近  漠然と、生藤山の南ということで、またもや詳細は電車の中で。短めのバリで赤線ルートに合流するルートで行くことに決まった。

 それにしても、寒い寒い日、日曜日というのに、電車の空いていること。こんな日は、コタツの中がいいよね〜。(^^;)
取付きの石段  電車は空いていたが、バスはなんと満席。ほとんどが陣馬山のようだった。

 鎌沢でバスを降りたのは私たち2人だけ。鎌沢の集落とは反対側、林道を西に進む。

 沢井川を赤奈寺橋で渡り、さらに円通寺を過ぎて、バス停から15分ほどで、取付きのお墓の石段に着く。ここからお墓の中を失礼して抜けて行く。

 荒れて、手入れのされていない、面白味のない尾根を行くと、1時間弱で赤線ルートに合流する。

 軍刀利神社を過ぎたあたりからは、積雪が見られるようになる。甘草水の野外卓のある休憩所までくると、それは10cmほどの深さになってきた。

 ここから見える富士山は、頭が雲でモヤモヤ・・・(>_<)

甘草水休憩所からの富士山

三国山山頂
三国山


 三国山の山頂にザックをデポして、生藤山まで往復する。往復で途中の岩場が少し凍っているが、アイゼンを付けるほどでもない。

 風はなく、陽が当たって、三国山よりも暖かいような感じがしたが、先行の登山者が-3℃と教えてくれた。

 三国山に戻り、背中に日差しを受けて、ベンチでランチタイムをとる。
三国山山頂 生藤山山頂
三国山


生藤山山頂



三国山から小金沢山〜扇山方面

境界尾根を下る  休憩後は、931P付近に戻って、境界尾根を下る。延々と続く単調な杉林で、ただまっすぐと。

 670P手前に、東へ下るはっきりとした踏み跡があるが、尾根にこだわり南へ直進すると、まもなく、朽ちかけた祠が出てくる。この先は、どちらに進んでもヤブになるようなので、なるべく樹間が空いている方向へ下る。
朽ちかけた祠 ヤブ漕ぎ
上岩に出る  ヤブはすぐに終わり、やがてはっきりした踏み跡に出ると、民家の庭先に出た。失礼して前を通らせていただき、赤線ルートに合流し、上岩バス停に出る。

 バス停でバスの時間を見ると、2時間待ち。想定内なので、ゆっくり石楯尾神社にお参りし、無人販売の農産物を物色。

 新町のバス停まで1時間強の車道歩きだった。
石楯尾神社 無人販売

岳ノ山〜大鳥屋山のページに戻ります。 陣馬山〜景信山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。