陣馬山〜景信山

2017年2月15日(



陣馬山  じんばさん 855m 神奈川県 1名
景信山  かげのぶやま 727.3m 神奈川県 東京都
歩行時間  4時間50分
コースタイム  相模湖→1:55→明王峠→40→陣馬山→35→明王峠→1:00→景信山→40→小仏バス停


陸橋の向こうに慈眼寺  久しぶりの山歩き。真っ青な青空、雲もない。これなら綺麗な富士山が見られるだろう。
((o(^∇^)o))ワクワク

 相模湖駅から線路沿いに西へ進み、広い陸橋で中央高速を渡ると、すぐに慈眼寺、そして与瀬神社の急な石段と続く。

 神社の横から登山道に入る。
矢ノ音への案内標識  花もない、展望もない、でも気持ちいい。

 大平小屋の辺りで、前を行く人が一人。矢ノ音に寄るようだ。以前はなかった山頂への案内標識が立っていた。

 途中、ザックを下ろして写真を撮る男性が一人。

 「シモバシラの花が残ってますよ」と。今シーズンは見てないので嬉しい。(^^)
シモバシラ 明王峠
陣馬山山頂  誰もいない明王峠で富士山チェック。良く見える。(トップ画像

 山頂からの白馬とのツーショットを期待して、陣馬山へ気持ちが急ぐ。ところどころ、雪が残り、凍って滑ったり、溶けてぬかるんだり、歩きにくい。

 広い陣馬山山頂の登山者は十数人。野外卓で、ゆっくりと早めのランチタイムにする。

陣馬山の白馬と富士山
陣馬山頂からの富士山

雪の残る登山道  奥多摩から来られたという女性と話をすると、地元の山はクマが多いので、あまり登らないとのことだった。詳細地図を持って、これからどう歩くか決めていないという。

 このあと、景信山で会った女性も、決めずにぶらっと来たということで、この辺はその日の気分や時間や体調と相談しながら、好きなように歩けるのがいいようだ。
景信山山頂  景信山からも富士山が見える。ここで少し休憩後、梅の花の様子が気になるので、木下沢梅林のほうに下ることにする。

 途中、登ってきた女性に聞くと、まだ梅林というほどの咲き具合ではないらしい。

 となると、疲れてもきたので、最短距離で小仏のバス停に下ることにした。

景信山からの富士山

小仏への分岐  おそらく70代か80代と思われる女性がゆっくりと歩いていた。この方、帰りのバスで病院前から乗って来られた、明らかにご自分より若い方にも、さっと立って席を譲ろうとされたのだ。ステキ!

 小仏のバス停には2分前に到着、と思ったら、時計が2分遅れていたらしい。数十メートル先に走り去るバスのお尻が見えた。(>_<) 

生藤山のページに戻ります。 宝登山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。