盛金富士

2017年4月3日(

イワウチワ

盛金富士  もりがねふじ 340.6m 茨城県 3名
歩行時間  5時間40分
コースタイム  下小川駅→25→盛金富士見公園入口→30→174.9P→1:35→ランチタイム→2:25→盛金富士→45→下小川駅


水郡線下小川駅  水郡線下小川駅を出発したのは10時に近かった。今回のルートはちょっと欲張り、しかも、花があればそれにたっぷり時間をかけるので、長丁場になるだろう。

 無人のちょっといい感じの駅からしばらくは車道歩き。土手にはフキノトウや、ツクシがポツポツ見える。帰りに採ろうね〜。・・・とまだまだ余裕。(笑)
盛金富士見公園入口  舗装道路の終点に数台の駐車場がある盛金富士見公園から山道に入り、しばらくは林道のような広い道を進む。

 174.9の三角点を確認し、ルートは少しヤブっぽく、なかなかワイルドになる。テープがいくつもぶら下がっていた。

 そして、群生地は、すごかった。

イワウチワイワウチワ
イワウチワ


 たっぷり撮影タイムをとって、再び歩き始めるが、時間はすでにお昼となり、目の前にもイワウチワの咲く、適当な場所を見つけてランチタイムをとる。

 群生地はいくつもあり、全く花芽を持っていないところもあるが、どこもかなりの広範囲に広がっている。

 ここまで、ほとんど樹林の中だったが、一部開けたところからの眺めもなかなかいい。
 

途中からの展望

盛金富士への最後の登り  ダンコウバイもちょうどいい感じ。シュンランも数株咲いていた。

 それにしても、300〜400のピークをいくつも超える里山のバリルートは、急登も多く、予想以上に厳しかった。(^^;)

 盛金富士の山頂がなかなか近づかない。(^^;)
盛金富士山頂  それでも、最後の急登を乗り切って、やっと盛金富士の山頂に着いた。

 ここで本日初めての登山者に会う。盛金富士を周回ということで、駅で再びお会いした。

 山頂の下にもイワウチワの群生地があった。十分堪能して、下山する。伐採されて眺めのいい、歩きやすいハイキングコースから下小川駅はすぐだった。

下山道からの眺め
下山道からの眺め

? ダンコウバイ
シュンラン スミレ

若御子山〜大反山のページに戻ります。 春の里山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。