鍋割山~荒山

2017年5月28日(

鍋割山山頂

鍋割山  なべわりやま 1332.3m 群馬県 3名
荒山  あらやま 1571.9m 群馬県
歩行時間  5時間10分
コースタイム  姫百合P→45→荒山高原→45→鍋割山→40→荒山高原→15→棚上十字路→35→休憩舎→30→荒山→35→展望広場→1:05→姫百合P


小沼湖畔  カメラマンがボチボチと湖の写真を撮りにやってくるころ、テントを撤収。トマトリゾットとサラダの朝食を済ませ、姫百合駐車場に移動する。

 今日は、ここから鍋割山~荒山を歩く。ツツジはどうかな~?(^^)

 登山口の八重桜はまだ見頃。登山道に入るとしばらくは階段が続く。時折、植物を保護しているところがある。
鍋足山登山口 階段
荒山高原  間もなく、荒山高原に着く。ズミの木が1本、真っ白な花を付けているのが見える。

 ここから、まずは鍋割山に向かう。

 ヤマツツジのオレンジが濃い。咲き始めの清々しさで、蕾も多く、枯れた花がない。ちょうどいい時に来たようだ。

ツツジと赤城の山々
ツツジの咲く登山道

鍋割山山頂  鍋割山山頂は展望がある。のんびり休憩するのにいいが、10分ほど休んで来た道を戻る。

 途中、マツムシソウの苗を植えているボランティアの方に会う。姫百合登山口から登ってくる途中にあった、レンゲショウマの苗も、彼が植えたのだそうだ。もともとあったものが、少なくなってしまい、保護しつつ増やそうとしているようだ。根付いて、可憐な花を咲かせてくれるのが楽しみだ。

荒山に向かう

 雲は多いものの、青空ベース、気持ちがいい。大勢の登山者が行き交う広い尾根道を荒山高原まで戻り、ここからは周回ルートを行く。棚上十字路まではほぼ平らな道で、そこから少しずつ登りになる。

 瓦屋根の休憩舎を過ぎると、本格的な登りとなり、次から次へと下ってくる人たちとすれ違う。私たち反対廻りかしらん?

 この辺りもツツジの木が多い。ドウダンやアブラツツジなどがあるようだが、それらはまだまだこれからのようだ。ミツバツツジがまだ鮮やかに咲く。

ミツバツツジ

荒山山頂  荒山山頂は、展望がない。大きな石の祠がある。大勢の人の手で担ぎ上げられたのだろうか。

 適当な場所で、ランチタイムをとると、あとは下るだけだ。

 まだまだ登ってくる人たちとすれ違い、前橋の街だろうか、眼下に見ながら開放的な緩い下りになると間もなく、展望広場に着く。

緩い下り

展望広場  展望広場というからには、以前はあったのかもしれないが、今は周囲を雑木で囲まれていて展望は望めない。

 ここからは、静かなルートを登山口に戻ることにする。あっちへふらふら、こっちへふらふら、廻り道したり、寄り道したりしながら・・・。(^^;)



ウスバサイシン ウツギ?
スミレ シャクナゲ
クサタチバナ ツクバキンモンソウ

長七郎山~銚子の伽藍のページに戻ります。 神奈山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。