神奈山

2017年6月5日(月)〜6日(火)

モルゲンロート

神奈山  かんなさん 1909.0m 新潟県 3名 関温泉
歩行時間  1日目: 3時間40分
 2日目: 3時間20分
コースタイム  1日目: 
 関温泉P→2:50→八方睨→50→神奈山

 2日目: 
 神奈山→35→八方睨→2:45→関温泉P


 1日目

関温泉  関温泉の駐車場を出発したのは11時8分。登山口までは5分ほどだ。

 スキー場のゲレンデを緩やかに登って、リフトの最終地点を過ぎ、山道に入って行く。

 まぶしいほどのブナの緑の中、咲いているのは、イワカガミやツバメオモト、ショウジョウバカマ、エンレイソウ、そして見たかったサンカヨウなどの花たち。
リフト終点 残雪

ブナの林とイワカガミ

残雪  標高を上げるにつれ、残雪が現れるようになると、シラネアオイも見られるようになる。気温がぐっと下がっていくのを感じる。

 八方睨近くになるとガスが出てきた。あれ? 寒いよ〜。(^^;)

 ミネザクラの咲く神奈山山頂は、予想外に暖かかった。それではと調子に乗って雪上にテントを張る。
夕食  買い出しから、ドライバー兼、ボッカ兼、シェフ、と一人何役もこなすKNさんが、手早くパパッとご飯を炊いて、蒸らしている間に、道々収穫したコシアブラやウド、タケノコなどを天ぷらにする。この熱々の天ぷらと手巻きずしの夕食、最高に美味しい!

 私、ただ食べる人。。。

ガスが晴れてきた
日の入りそしてアーベントロート
頭が赤くなった妙高山

テントと月  夕食が終わるころには、ガスはすっかり晴れ、目の前の妙高山がくっきりと、そう、まるで縁取りしたようにくっきりと、見えるようになった。(^^)

 山頂から少し三峰のほうに進んだ展望ポイントで、日の入り、そして雲海を赤く染めるアーベントロートを堪能する。

 星が、1つ、2つ、と見えるようになると、さすがに気温も下がってきた。

 珍しく、スナック「KN」は早仕舞いし、それぞれのテントに入ると、ホッカイロをあちこちにペタペタと貼って、シュラフにくるまり、眠りに着いた。

 ・・・寒かった。(>_<)




 2日目
 
 朝は、3時半頃には明るくなった。寒くてなかなか動き出せないでいたが、せっかくなので日の出も見たい。気合いを入れて外に出る。山頂には霜が降りていた。w(゚o゚)w オオー!

日の出
モルゲンロート
モルゲンロート
シラネアオイ

  日の出もモルゲンロートも素晴らしかった。陽に照らされ、シラネアオイも赤く染まり、気温はぐんぐん上がって、体もポカポカを通り越して、暑くなってきた。

 ホワイトクリームのリゾットで朝食を済ませ、山頂を後にする。まだ7時前だ。

 下りは、登りより余裕がある。少しだけ荷物も軽くなり、何しろハーハーゼーゼーがない。花を見ながら、山を振り返りながら、写真を撮りながらと、ゆっくり下る。

ムラサキヤシオ 

 10時を少し回った頃には駐車場に戻り、源泉かけ流しの湯に浸かった。強く印象に残る素晴らしい山歩きだった。





タケシマラン エンレイソウ
サンカヨウ
イワナシ
ショウジョウバカマ
ツバメオモト

鍋割山〜荒山のページに戻ります。 おしらじの滝〜スッカン沢のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。