物見山〜スカリ山

2017年11月13日(

鎌北湖

物見  ものみやま 375.4m 埼玉県 2名
スカリ山  すかりやま 434.9m 埼玉県
歩行時間  3時間40分
コースタイム  鎌北湖P→25→宿谷の滝→55→物見山→45→北向地蔵→25→スカリ山→15→分岐(みちさと峠)→55→鎌北湖P


登山口  2週間ぶりの鎌北湖はすっかり紅葉に進んでいた。写真家が何人か、三脚を立てている。

 相変わらず釣り人の多い鎌北湖から、宿谷の滝に向けて歩き始める。遊歩道の整備された階段を登り、それは、やがて歩きやすい山道に変わる。

 「スペイン巡礼の旅」から帰ったばかりのHさんと歩くのも久し振りだ。
宿谷の滝  宿谷の滝は、先日の台風直後の水量とはうってかわって、こじんまりと、いつもの静寂で美しい様子に戻っていた。

 分岐に戻り、物見山に向かう。急な岩場の登りがひとしきり続き、ほぼ登り切ったところの展望地で足を止め、呼吸を整える。

展望地からの眺め

物見山山頂  林道の土砂崩れの箇所も、さらに道は広げられ、車は通行止めになってはいるものの、人は安心して通れるようになっていた。

 まずは、三角点を確認し、物見山山頂に行くと、珍しく誰もいない。お昼にはまだ早いので、さらに進むことにする。

 北向地蔵までの途中、小瀬名富士、東ムカイ山の2つのピークも確認。
小瀬名富士 東ムカイ山
北向地蔵  北向地蔵からスカリ山に向かう途中で、7〜8名のグループに会った。

 山頂では、ゆっくりと、お昼休憩をする。武蔵の山は歩きやすいが、展望の良い場所は少ない気がする。そんな中で、このスカリ山の山頂は展望もよく、ベンチも置かれていて、休憩するには絶好の場所だ。
スカリ山山頂 みちさと峠?
キジ  お昼休憩後は、エビガ坂の分岐に向かい、そこから鎌北湖に下る。この分岐の標識に「みちさと峠」という札が掛けられていた。前は気が付かなかったけど、最近かな?

 林道に出ると民家が数軒。黄色の実を付けた柚子の木。あら、綺麗なキジ!

 鎌北湖の静かな湖面には、秋色が写り込んでいた。

鎌北湖

掃部ヶ岳〜杏ヶ岳ののページに戻ります。 桜山(とっちゃなげハイク)のページへ行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。