桜山(とっちゃなげハイク)

2017年11月19日(

冬桜と甲武信ヶ岳方面

桜山  さくらやま 591m 群馬県 会7名 八塩温泉「八塩館」
歩行時間  4時間30分
コースタイム  三波川第2コミュニティーセンター→1:50→桜山山頂→10→イベント広場→20→日本庭園→1:45→あずまや→25→八塩温泉「八塩館」


コミュニティーセンター出発  三波川コミュニティーセンターに集まったのは、50名ほどとか。参加料金1000円を支払い、パンフレットや記念品の入浴剤、ミカンなどをいただき、受付を済ませる。

 ラジオ体操をしてから、「とっちゃなげハイク」の旗を持った世話役の後ろをゾロゾロと歩き始める。

 車道歩きは40〜50分程。やがて山道に入る。
車道歩き 山道もズンズン
桜山へ  公園内を歩くお気軽ハイキングだと思っていたが、歩く人はほとんどしっかりした装備で、軽装の人は数名。先頭はズンズンと歩いて、後ろのほうから、早過ぎる〜の声も・・・(^^;)

 間もなく、斜面の紅葉が目に入ってきた。

 260段の階段を登り、山頂へ向かう。

桜山へ
冬桜
冬桜と紅葉

桜山山頂  可憐な冬桜のもわっとした白さと、モミジやツツジの赤がマッチしてちょうどいい時、綺麗だ。

 この背景を生かして、写真会も開かれていたが、薄着のモデルさんはちょっと寒そう。

 イベント広場に着くと、大鍋に「とっちゃなげ汁」ができていた。すいとんに、たくさんの野菜が入った温かい汁をいただきランチタイムをとる。
イベント広場 とっちゃなげ汁
公園内  天気は良いが、ぐっと冷え込んだ日で、温かい「とっちゃなげ汁」はとても美味しい。皆、お代わりを狙っていて、まずは代表者が早速、取りに行ってみたら、撮影会の参加者がまだなので、と、断られたと戻ってきた。残念。(^^;)

 そうこうしているうちに出発の時間、お代わりは諦めて再び歩き始めた。

冬桜と甲武信ヶ岳方面

日本庭園  公園内を冬桜を見ながら日本庭園のほうに向かう。

 綺麗に整備された庭園で、ひときわ色鮮やかだ。売店などもあり、すぐ下の駐車場まで車が入れるので、この辺りは観光客も特に多く、賑わっていた。

 帰路は車道から山道に入り、展望のいいあずまやで眼下の鬼石の街を眺めながら小休止。
車道から山道へ あずまや

あずまやからの展望

御倉御子神社の神楽殿  御倉御子神社に立ち寄り、神楽殿をくぐり、急な石段を下りると、終点の八塩温泉「八塩館」はすぐそこだった。

 ゆったりと温泉に浸かり、お菓子セットのお土産付き、マイクロバスで、三波川コミュニティーセンターまでの送迎付きと至れり尽くせりの里山ハイキングを楽しんだ。

 お世話になりました〜。(^^)

物見山〜スカリ山のページに戻ります。 丸山〜日向山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。