小持山〜大持山

2018年4月19日(



小持山  こもちやま 1273m 埼玉県 1名
大持山  おおもちやま 1294.1m 埼玉県
歩行時間  4時間45分
コースタイム  一の鳥居→20→鉄板の橋→55→持山寺跡→35→シラジクボ→45→小持山→45→大持山→50→妻坂峠→35→一の鳥居


ヤギ  平日にもかかわらず、一の鳥居の駐車場はかなりの車で埋まっていた。

 出発してすぐのところで、放し飼いのヤギが2匹、新芽を美味しそうに食べていた。カワイイ(^^)

 茶色の鉄板の橋の分岐から、持山寺跡方面へ入ると、植林の中には、ヒトリシズカがニョキニョキ。
分岐の鉄板の橋 持山寺跡への分岐
持山寺跡  途中、持山寺跡に寄る。

 以前、来た時、ここの謂れにある「カキット、カキット」がツボにハマり、なんでも忘れてしまう割に、これだけは良く覚えていて、また来てみようと思っていた場所だったが、特に、以前と全く変化はなかった。

 表記を見ると、ちょっと怖いお話なんだけど・・・

持山寺跡の謂れは

シラジクボ  分岐まで戻り、シラジクボに出る。武甲山からの道と合流する地点で、小休止する。

 武甲山をバックに尾根道を行くと、ここからは、びっしり群生というには程遠いが、ここにもあそこにもと、ポツリポツリ、カタクリの花が咲いていて、これは、ずっと妻坂峠まで続いた。
武甲山とシラジクボ ミツバツツジ

 やがて鮮やかなピンクが見えて来た。最初はミツバツツジだった。さらに進むと、アカヤシオが出てきた。

 今日は、もう遅いかもと思っていたのであまり期待をしないで出かけて来たのだが、途中、出会った方に、山頂付近は素晴らしいよと聞かされ、そのとたん、期待度急上昇で登ってきたのだった。(^^)

アカヤシオ
小持山のアカヤシオ
武甲山とアカヤシオ
展望台から両神山方面

大持山  お目当てのアカヤシオは、山頂付近はもちろん、その先も良い感じで咲いていた。すでに、散り始めたものもあれば、まだ蕾を持っているものもある。薄いピンクもあれば、濃いピンクもあり、青空によく映えていた。

 展望台からは、真っ白な浅間山や両神山が良く見える。白く連なるのは、北アルプス? 八ヶ岳?

 大持山まで来ると、数人の登山者が休んでいた。
分岐の休憩所  さらに先に進んで、妻坂峠とウノタワ方面への分岐で、展望を楽しみながら、ランチタイムをとる。

 目の前には白いこぼれるような花を付けた馬酔木の木が数本。さらに向こうの山は淡い春色だ。

 休憩後は、急坂を妻坂峠に下る。武川岳が前方にある。周囲は新緑の柔らかい色が清々しい。
前方は武川岳 妻坂峠
一の鳥居  妻坂峠から一の鳥居までの下山路には、ニリンソウ、ネコノメソウ、ハシロドコロ、ヒトリシズカ、など、たくさんの小さな花が咲く。

 風格ある駒狼に迎えられて、無事下山完了!




マルバスミレ リンドウ
フモトスミレ ヒトリシズカ
ナガバノスミレサイシン カタクリ
ニリンソウ コガネネコノメ

大高取山のページに戻ります。 破風山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。