御荷鉾山・オドケ山

2018年5月22日(

西御荷鉾山山頂から

西御荷鉾山  にしみかぼやま 1286.5m 群馬県 2名
東御荷鉾山  ひがしみかぼやま 1246.2m 群馬県
オドケ山  おどけやま 1191m 群馬県
歩行時間  御荷鉾山: 2時間55分
 オドケ山: 50分
コースタイム  西御荷鉾山中央登山口→40→西御荷鉾山→25→投石峠→50→東御荷鉾山→35→投石峠→25→西御荷鉾山中央登山口

 オドケ山登山口→25→オドケ山→25→オドケ山登山口


西御荷鉾山中央登山口  スーパー林道は長い。グルグル、どんどん登り、みかぼ高原の施設を過ぎて間もなく、分岐を東へ、50台入るという御荷鉾山中央登山口の駐車場に着く。9時を過ぎているというのに、車は一台もない。平日だからかな。

 立派なあずまやや鉾のモニュメントを見るのは後にして、早速、登山道に入る。
 クサタチバナの白い花が咲き、ヤマツツジもまだ残っていた。

 山頂には三等三角点、そして、いかつい顔の不動明王の像や石の祠がある。
不動明王
クサタチバナ

 広い山頂は、終盤ながらヤマツツジのオレンジが鮮やかだ。南側に見えるのは、雁坂、両神など秩父の山々や、武甲山。北はというと、ぼやーっとしているが、榛名山、武尊山のようだ。



 小休止後は、東へ、下る。林道に出たところが投石峠だ。その林道を数m進むと、東御荷鉾山の登山口がある。自然林が多く、緑の綺麗な林を進む。

 東御荷鉾山の山頂はそれほど広くないが、展望は良い。三等三角点と、ここでも不動明王が睨みを効かせている。
 ここで、のんびりと1時間、ランチタイムを取り、来た道を投石峠に戻る。

 途中、この日初めての登山者に会う。3名のパーティーだそうだが、1名はだいぶお疲れのようで、途中で休憩中だった。
 投石峠からは、林道を中央登山口まで戻る。微妙に上り坂で、しかも暑い。

 登山口の真新しい(?)あずまやで小休憩。石の産地らしく、立派な石のテーブルと椅子が置かれていた。



 休憩後は、東へ、オドケ山登山口まで数分の移動。数台の駐車スペースがある。

 オドケ山山頂は展望はないが、2つの石の祠があり、木々を透かして、光が注ぎ込んでいる様子が神々しい。




 下山後、明るいうちには帰りたくない(笑)という、MKさん、まだセッコクを見たことがないというので、越生の龍穏寺に向かう。

 龍穏寺の境内では、セッコクは杉だけでなく、松や桜にも着生している。花は、すでに見頃を過ぎているようだが、真っ白に薄いピンクの入った清楚でゴージャスなセッコクの花に、初めましてのMKさん、十分満足いただけたようだった。(^^)



龍穏寺のセッコク




棒ノ折山〜日向沢ノ峰のページに戻ります。 黒斑山のページに行きます。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。