蕎麦粒山

2018年10月20日(

横ヶ谷平〜の尾根歩き

蕎麦粒山  そばつぶやま 1472.8m

 埼玉県 東京都 3名
歩行時間  6時間50分
コースタイム  大丹波林道源流コース登山口→1:40→獅子口小屋跡→35→横ヶ谷平→20→踊平→30→日向沢ノ峰→45→蕎麦粒山→35→日向沢ノ峰→20→踊平→25→横ヶ谷平→20→獅子口小屋跡→1:20→大丹波林道源流コース登山口


登山口  大丹波林道はヘリポートを過ぎると、えぐれたガタガタ道となるが、数分で駐車スペースに到着した。ここから、蕎麦粒山までピストンする。

 大丹波川のルートは、前回、ヤシオのころに来たときは、橋の架け替え中で、モノレールが敷かれ、とても歩きにくかったが、それはすべて取り払われていた。ただ、先日の台風でか、架けたばかりの綺麗な橋が流され、一部渡渉があった。
木橋が多い トリカブト
獅子口小屋跡  滑る木橋を慎重に渡ること十数回、ワサビ田を過ぎ、獅子口小屋跡に着く。ここで数分休憩し、尾根への登りにかかる。

 横ヶ谷平に出ると、ここからは快適な尾根歩きが続く。紅葉はまだそれほど進んではいないが、ところどころに赤、黄色が見える。

 リンドウや、センブリが見頃だ。 
横ヶ谷平 センブリ

赤い実と尾根歩き
紅葉は少し
日向沢ノ峰からの展望

境界尾根分岐  急な斜面を登り、着いた日向沢ノ峰では一人トレラン風の人が休んでいた。このピークのすぐ先が、境界尾根の分岐だ。

 前回は棒ノ峰からここまでやって来て周回したが、今日は、初めてここから西へ進むことになる。
桂谷ノ峰(1400P)  緩やかな尾根のアップダウンを行くと、目の前に一気にグーンと下る坂、そしてその先に、スキーのジャンプ台のような急斜面が見える。その上が蕎麦粒山だ。

 昭文社の地図にはこのピークの手前1380Pが桂谷ノ峰となっているが、この標識は1400Pに立ち、手書きの案内が付けられていた。確かに、こちらの方が、ピークらしいピークになっている。

桂谷ノ峰を下り蕎麦粒山へ

蕎麦粒山山頂  蕎麦粒山到着は12:20、2組4名の登山者に会った。ヤシオのころに比べると静かな山頂だ。

 いつもゆったりのんびりお昼休憩の乙女会としては珍しく、20分の休憩とし、速攻、下山にかかる。

 往きは、ツルツル、ヌルヌル滑る木橋にだいぶ時間をとられた。日の短い時期でもあり、暗くなる前に木橋の通行は終了してしまいたい。

蕎麦粒山から桂谷ノ峰方面
快適な尾根歩き
紅葉少々

踊平  来た道をせっせと下る。踊平から獅子口小屋跡への道が使えれば片道20〜30分は省略できるのに、と思いつつ、横ヶ谷平まで最後の登りだ。

 獅子口小屋跡前の水場で、冷たい水を補給し、大丹波川沿いのルートに入る。
水場 獅子口小屋跡
木橋を渡る  来たときよりも、少しは乾いたのか、それとも足が慣れたのか、帰りはスムーズに木橋もこなし、どうやら明るいうちに下山できそうだ。

 渡渉の箇所を回避する案内を左へ入り、30mほど登ると、林道に出合う。
う回路の案内  林道に上がった途端、ポツっと雨が降ってきた。まだ青空も見える。通り雨だね、と高をくくっていたら、なんとすぐに大粒の雨になった。

 それにしてもなんという運の良いこと。大粒でもザーザー降りでも林道歩きだ、問題ない。25分で登山口に到着した。

根子岳〜四阿山のページに戻ります。

山歩き・里歩きの目次に戻ります。 ホームページに戻ります。