6日目

2011年2月5日(土)

人造湖「シャヒッドダム」

フェズ→ヴォルビリス→メクネス→フェズ


ナツメヤシやアーモンドを売っている  フェズの2日目は、フェズ近郊の観光になる。まず紀元前1〜3世紀のローマ時代の遺跡「ヴォルビリス」に行く。

 途中、美しい人造湖「シャヒッドダム」(ページトップの写真)を眺めるため停車する。景色も素晴らしいが、みな、道路脇で売られているナツメヤシやアーモンドの山に一斉に群がっている。(^_^;)
ナツメヤシやアーモンドを売っている


ヴォルビリスの遺跡
ヴォルビリスの遺跡

遺跡の花 かつてのメインストリート  遺跡の中には、淡いピンクのカンゾウのような花や、10cmほどの丈のタンポポのような黄色い花が咲く。

 屋敷跡には雨ざらしにも関わらず、床のモザイクが綺麗に残っている。
遺跡の花 かつてのメインストリート


床のモザイク
床のモザイク
円柱の上にコウノトリの巣
円柱の上にコウノトリの巣

 カラカラ帝の凱旋門の近くに残る円柱の上にはコウノトリの巣があった。2、3羽が動いているのが見えるが、感動したからか大声で叫ぶグループがいたため、驚いたのだろう、その巣の主は、巣から遠く離れて行ってしまった。(-"-)

 ここには、他に日焼けサロンや、売春宿、公共広場などの跡がある。最盛期2万人が住み、ブドウ、オリーブ、小麦などで栄えていた街だ。

ムーレイ・イドリスの街  広い大地の中の遺跡をゆっくりと見学したあとは、古都メクネスに向かう。

 途中、山の上に見える巡礼地「ムーレイ・イドリス」を写真撮影する。今回は残念ながら、この街の見学はない。
ムーレイ・イドリス

ワイン イカ飯のタジン鍋  メクネスに着くと、まずレストランでのランチになる。野菜スープ、イカの中に米を詰めたタジン鍋。これがなかなか美味しい。デザートはクレープだった。
ワイン イカ飯のタジン鍋


 メクネスはワインの産地ということで、このレストランのワインの料金は30DH。旅行中、レストランやホテルでオーダーした紅茶やコーヒーは、15DH〜35DH。ビールは小さなボトルが35DH〜、ワインは60〜90DH位だったから、ここのワインは随分安いということで、飲める人は皆オーダーしたようだ。ただ、グラスはおシャレではない(笑)。
 私は相変わらず、どこへ行っても紅茶かミントティー。面白くないと言えば面白くないが・・・。(^_^;)


コウノトリが見える
メクネス市街地のコウノトリ

 ランチの後は、いよいよ旧市街の見学になる。

 馬車が並ぶ広場から見える小高い場所にはコウノトリが数羽いるのが見えた。

 このメクネスは、アラウィー朝二代の王、ムーレイ・イスマイルが、豪華な王国を造ろうと、古い建物をすべて壊し、三重の城壁や20もの門、モスクなどを建設した。しかし、首都としては半世紀ほど続いただけで、その後衰退した。

オレンジ売り マンスール門  添乗員さんが大きなオレンジを購入する。11個110DH、なんと1個10円という安さだ。
 あとでみんなでいただいたが、この国のオレンジは絶品だ。



 北アフリカでもっとも美しく有名な門と言われるマンスール門を作ったマンスールは、これ以上の門を他所で作らせたくないという理由で、殺されてしまったそうだ。

 この門の前にはエディム(ラハディーム)広場がある。タジン鍋が雑然と売られている。
マンスール門

エディム広場
オレンジ売り

エディム広場
お菓子の詰め合わせ  そこからアメ横のようなスークに入る。アーモンドやナツメヤシ、お菓子の詰め合わせなどが目を引く。

 ちなみに、お菓子の詰め合わせは、フェズのスーパーにも売られていた。ここで買物ができないのかと聞く人がいたが、「ダメ、ここ危ない」とガイドさん。スリが多いというが・・・??

 次に向かったのが、ムーレイ・イスマイル廟だ。
お菓子の詰め合わせ

大理石の水盤 ムーレイ・イスマイルの墓  室内は、モザイクや、漆喰で美しく装飾されている。
 都建設も完成を見ずに亡くなったムーレイ・イスマイルの墓がある。
ムーレイ・イスマイル廟「大理石の水盤」

ムーレイ・イスマイルの墓

イスラムの星のモザイク 壁のモザイクの十字  壁のモザイクには、イスラムの星と、なぜかキリスト教の十字がある。
モザイクのイスラムの星

モザイクの十字

モロッコ式トイレ  旧市街の、今も使われているイスラム式のトイレ。さて、ここでは、どちらを向いて用をたすでしょう?
 正解はドアの方を向いてだそうだ。

 フェズ旧市街のハミドさん宅のトイレも同じで、小さな水道がついていてバケツが置かれているところもある。バケツに水を汲み、流して出るのだ。

トイレ

風の道  バスは再び風の道を抜け、メクネスを後に、フェズのホテルに戻る。

 この日は、ホテルから15分ほどのスーパーに行く。キャリーケースのような大きなカゴを引きながら、みな大量にアーモンドやナツメヤシ、チョコレートなどを買い込んでいた。

メクネス「風の道」

誕生日ケーキ  フェズ最後の夕食も変わり映えのしないバイキングだった。食事も終わるころ、レストラン内の灯りが消え、大きなケーキが運ばれてきた。
 みんなでハッピーバースデーを歌う。Kさんと、11日に誕生日を迎えるもう一人の女性のお祝いだ。

 あ〜、チュッなんてされちゃってる〜(笑)。(^_^;) 

誕生日ケーキ





モロッコ旅行日程表

5日目、フェズへ 7日目、フェズ〜メルズーガへ

ホームページに戻ります。